中島 彩

中島 彩

1
1
94

これまでいくつのアイデアが流れていったのだろう。

私は頭を洗っているときに大切なことを思い出したり、いいアイデアが湧いたりすることがちょくちょくあるのですが、浴室から出たころには結局忘れちゃうんですよね。みなさんもそんな経験ありませんか?

思いついたらすぐメモできたらなぁ…と思っていたところ、「AquaNotes」というアイテムに出会いました。ウォータープルーフでバスルームにもってこいのメモパットです。

水の中ですら文字が書けるほどの耐水性です。書いたらはがして、消してまたパットに戻す、というように繰り返し使えます。メモ40枚に消しゴムつき鉛筆がついたセットです。購入はもしくはからどうぞ。「」という国内製品もあります。

もう貴重なアイデアを逃さない。プライスレスなアイテムです。

[]

1
1
94

中島 彩

ルーミーの元編集長。部屋でラジオを聞くのが好き。オレゴン州ポートランドで学生時代を過ごす。ちょっと広めの部屋に引っ越したので諸々一新しようと、いえなか・いえもの情報を収集する日々。完全に公私混同しているのはここだけの秘密です。

あわせて読みたい

powered by

Ranking