吉川 晶子

吉川 晶子

6

皆さん、今日(5月23日)の見ました?

ロバート・モーグ生誕78周年」ということで、ロゴがモーグ・シンセサイザーになっていましたね。鍵盤が鳴らせるのみならず、本物さながらにツマミが調整できて、録音までできちゃうという気合いの入った仕様。なんだか愛情を感じますね。

そんなアナログ・シンセ好きにはきっとこちらも堪らないであろう、ソファを紹介します。ずばり、モーグ・ソファ

写真ではカップルがふわふわミニモーグの上で愛の音色合成を奏でていますが、サイズ的には3人くらいは座れそうですね。うん、エマーソンもレイクもパーマーも座れる。

こちらのソファはスペインの「Woouf Barceloa」によるデザインで、お値段は1480.00ユーロです。

[、Thanks, !]

吉川 晶子

東京生まれ、大家族育ちのライター・編集者。ライフハッカー[日本版]、マイスピの編集スタッフを経て、現職に。映画・フィギュア・マンガが好きで、ベランダ園芸とコーヒーのドリップも趣味です。

あわせて読みたい

powered by

Ranking