稲崎 吾郎

稲崎 吾郎

夏が近づいてくると、気になりだすのは「」ではないでしょうか。

おうちの中にもいろんな害虫が勝手にお邪魔してきます。かといって、小さい子供やペットがいるご家庭では殺虫剤はできるだけ使いたくないですよね。そんなときは電気も薬剤も使わないこの「虫ハンター」を使ってみてはいかがでしょうか。

使い方は簡単。虫に標準をあわせて引き金を引くと、強力な吸引力がうまれ、なんと虫を吸い取ってしまいます!

本体自体は吸引シリンダー部分とハンドル部分で構成されており、シリンダーで空気を圧縮、解放することにより空気を吸い込むようになっています。電気などを使用していないため、子供や女性でも安心して取り扱うことが可能です

捕まえた虫は専用カートリッジに入るようになっており「返し」もついているので虫が逃げにくい構造になっています。そのまま本体からカートリッジを外し、外に逃がすことができます

ドラマなどでハエが壁に止まっていて本や新聞などでやっつけるシーンなどがあると思いますが、虫が苦手な私としてはペッチャンコにしてしまうことにも抵抗を感じてしまいます。実際にやっつけようとしても、振りかぶった瞬間に飛んでいかれたりと、そうそう上手くいかないんですけどね。

しかしこの「虫ハンター」があれば、これからはゴルゴ13になった気分で捕まえられそうな気がしてきましたよ!

虫ハンター [via shirobako.com]

稲崎 吾郎

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking