押木 真弓

押木 真弓

昔、友人の紹介で、あののスタイリストもつとめている素晴らしい美容師さんに、髪を切っていただいたことがありました。もうほんとに緊張! その美容室でアドバイスされたことが「ブラシだけはいいものを使うこと。いいブラシは一生ものだよ」でした。そんなわけで、当時清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したのが、。

は、イギリス発祥で創業50年の老舗中の老舗のブランド。このブラシの特徴は、北インド産の高級イノシシの毛を使っていること。熟練した職人が「一つ一つ手作りで最高級のブラシを」がモットーということもあり、「ブラシ界のロールス・ロイス」と言われています(ま、ロールス・ロイスそのものに乗ったことがないんですけど!)。

イノシシの毛は適度に油分と水分が含まれており、ブラッシングに適していて、さらに頭皮を傷めずに汚れを適度に落としてくれるのだそう。たしかにブラッシングしていても、なんだかとっても自然なブラッシング具合なんです。ふんわりとブラッシングできて髪の毛も絡みにくいです。さらに驚いたのは、このブラシを洗う専用のクリーニングブラシがついてきたということ。なんたってヘアブラシを洗うブラシですよ?! これにはまったく驚きました。ぬるま湯でシャンプーなどを泡立てて専用のクリーニングブラシでこのヘアブラシを洗います。丁寧にブラシそのものをケアしてあげているという感じがします。

このメイソンピアソン、大きさ、種類がいくつかあるのですが、私が使っているのは「」というタイプです。ヘアブラシが1万円以上するなんて! という感じもしますが、なんといっても髪の毛がつやつやしてきますし、もしかしたら死ぬまで使えてしまうかも。自分へのご褒美にぜひ、この夏はメイソンピアソンのヘアブラシ、いかがでしょうか?

[]

押木 真弓

湘南の海の近くでハウスシェアをしていますライター兼MCです。日々健やかにyogaや音楽や創作に日々夢中です。好きな音楽は勝新太郎からエレクトロニカまでの奥行きがあります。美しいものが大好き。面白い匂いがすれば、日本全国いや、海外までもぶんぶんぶん! と飛びます。好きな言葉は、「心とカラダの柔軟性」

あわせて読みたい

powered by

Ranking