押木 真弓

押木 真弓

Photo by

私がまだ学生時代の頃、バーテンダーのアルバイトをしていた友人が「おうちバーを開くよ!」と言ってくれまして、いそいそと遊びにいった所、ショートグラスにまあるい氷を入れたカクテルを作ってくれました。

わー! 不思議です。ただの氷なのに。なんでこんなに感動したんでしょう?そしてあの感動は今も続いています。あんな丸い氷がうちで作れたらなぁ…。ロックアイスじゃダメなのよねぇ…、雰囲気が。なんて、ときどき思っていました。
 
プロのバーテンダーはアイスピックできれいに作ります。それはそれは芸術の域。でも、いつもいつもおうちにプロがいるとは限りません(当たり前)。飲む専門といたしましては、なにかあの丸い氷が簡単に作れたらと思いを巡らせていましたら、ネットにありました。「」っていう、なんだか舌を噛みそうな名前です。

梅酒や焼酎やショートグラスに、ぽっかりとはまるくらいのまあるい氷。なんだか水晶みたいできれいです。そして、無印良品にも「」なんてのもありますし、ほかにも「」なんてのもありました。いずれにしても、一度作ってみないときれいな氷が作れるか分かりませんが(丸くても汚かったら意味ない!)、あの透明なまあるい氷を眺めると、なんとなく幸せに思えませんか。なんとなくですけど…。

丸氷でおうちのお酒もちょっとだけぜいたくに。今夜も宅のみしましょ。

[]

押木 真弓

湘南の海の近くでハウスシェアをしていますライター兼MCです。日々健やかにyogaや音楽や創作に日々夢中です。好きな音楽は勝新太郎からエレクトロニカまでの奥行きがあります。美しいものが大好き。面白い匂いがすれば、日本全国いや、海外までもぶんぶんぶん! と飛びます。好きな言葉は、「心とカラダの柔軟性」

あわせて読みたい

powered by

Ranking