makki

makki

2

汗ばむ季節。さわやかな気分で過ごすためには、お洋服にいい香りをつけることも有効かもしれません。

海外旅行で買ってきた香水がなかなか減らない、お土産にもらったミニボトルを使わないまましまってある、なんてことはありませんか?

香りがキライじゃないならば、ぜひクローゼットの芳香剤として活用させましょう。

用意するものは、余った香水と古いミニタオル(タオルは変色するので、この先も使いたいものは避けてくださいね!)。

ミニタオルに香水をたっぷりしみこませ、陰干しします。完全に乾いたら、クローゼットに入れるだけでオッケーです。

ハンガーにかけておいてもいいし、引き出しにたたんで入れておいてもいいでしょう。

クローゼット全体に香りが行き渡り、香水をダイレクトにつけるよりもさりげなく、かつ柔軟剤よりも存在感のある香りが楽しめるはずですよ。

makki

大手証券会社、雑誌・広告制作会社を経てフリーライターに。夫&3歳男児と賃貸暮らしです。料理、ペット、インテリア、節約など、快適生活のためのノウハウやアイテムを取材し、楽しくわかりやすくお伝えするのがおもな仕事。取材を通して得た知識をプライベートにも活かし、毎日を愉快に過ごすことを目指しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking