常山 剛

常山 剛

1
38

「」とか「」との名称で、海外ではおなじみの「チョコレートボウル」。フツーの作り方は、下の動画のように、湯煎で溶かしたチョコに、膨らませたゴム風船を浸し、冷え固まったら風船をとる、という手順。




ところが、一手間を加えると、MAKEブログで紹介されたような、アーティスティックなチョコレートボウルが作れちゃうんです。一手間とは、風船の下側にチョコをつけず、風船に塗るように上からチョコレートを垂らす。これだけ。ホワイトチョコを使って、マーブル模様に。これは一層引き立ちますね。

しかし、本当にうまくいくのか? と、手先が器用とは言えない私の疑念を晴らすべく、もうちょっと調べてみるとHowTo動画が見つかりました。どうやら、風船を取り外すときに、細い部分がしぼんだ風船にくっついて折れてしまうようです。冷凍庫でガッチリ凍らせたり、動画で行っているように、しぼませるまえに、風船とチョコとをしっかりと剝がし、離しておくのがコツみたいです(下の動画では、ポキッと折れた細いチョコを強引にくっつけて元通りにしています)





チョコレートボウルができたら、イチゴやアイスを入れて、一緒に召し上がれ!

[MAKE:JAPAN]
[YouTube]

常山 剛

1978年モデルの物書き・コピーライター・Web編集者。大学時代は古文書を読みつつ過ごし、卒業、就職、紆余曲折を経て、2006年からギズモード・ジャパンのライターに。2011年にはライフハッカー[日本版]編集長。2012〜2013年は、まいにちの家路をたのしくすべくroomie編集長へ。目下の趣味は帰宅と猫の爪切りです。

あわせて読みたい

powered by

Ranking