吉川 晶子

吉川 晶子

ここはひとつ、ぜひ「いいね!」をお願いします。

鍋つかみを使うのって、ほとんどの場合お料理ができあがったタイミングですよね。ドキドキしながらオーブンを開けたとき、あつあつのグラタン皿を皆のいる食卓に運ぶとき、煮え煮えの鍋のフタを開けるとき。Facebook中毒者なら「いいね!」と心の中で叫ぶ瞬間です。

そんなわけで、「いいね!」鍋つかみはある意味、必然のデザインとも言えますよね。

お値段は送料込みで22.5ユーロ。「」にて購入可能です。

Facebookにいつも美味しそうな手作りごはんの写真を投稿しているあの人へのギフトにどうぞ。

[Yeople]

吉川 晶子

東京生まれ、大家族育ちのライター・編集者。ライフハッカー[日本版]、マイスピの編集スタッフを経て、現職に。映画・フィギュア・マンガが好きで、ベランダ園芸とコーヒーのドリップも趣味です。

あわせて読みたい

powered by

Ranking