稲崎 吾郎

稲崎 吾郎

みなさん、もうすぐ10月ですよ。ハロウィンの準備はできてますかー。

今回紹介するのは、コウモリの形をした洗濯バサミ。ロシア製となっています。洗濯物を挟むときの姿もかわいいけれど、ヒモに引っ掛けて待機しているときも、逆さまになってもかわいい商品です。

なかなかこだわって作られている洗濯バサミで、翼の部分には商品名にもなっている「Vespertilium」のVマークや販売元の「Art.Lebedev」のアドレスが入っていたりしています。Webサイトではこの洗濯バサミ「Vespertilium」のの様子も見ることができます。





パッケージにもかっこいいので、ギフトにもいいんじゃないでしょうか。13個セットで$11。「13」って数字もなんかいいですね! ロシアの「Art.Lebedev」という雑貨店で販売していて、日本への配送も可能です。

洗濯物をヒモでつっている人ってなかなか見かけないのですが、いえなかでインテリアとしてなら、こんな洗濯バサミを使ってみても良いんじゃないでしょうか。

[via Art.Lebedev]

稲崎 吾郎

神戸生まれ。アート/インテリア/ライフスタイルを中心に様々なメディアで執筆活動を続けるフリーランスライター。数十社以上のメディアでの企画/編集/執筆にかかわり、オウンドメディアや記事広告で制作したタイアップ記事は数百本以上。幅広いフィールドで執筆活動を続けている。

あわせて読みたい

powered by

Ranking