平井 龍之進

平井 龍之進

スカンジナビアのデザイナー集団「」のDavid GeckelerR氏による「ナード・チェア」。

「ナード」は英語でおたく、とかマニア、という意味があり、ある特定の事柄に対して非常に強いポリシーを持つ人々のことをいいます。David氏は、素材から組み立てまで北欧のデザインテクニックを忠実に踏襲し、一見普通でありながら非常に個性的な椅子を作り上げました。



なんといっても注目すべきは、座面と背もたれが全く同じパーツでできていること。今まで見かけなかったのが不思議なくらい、美しく完成されたシルエットです。

日本ではや、などで「MUUTO」のプロダクツを取り扱っているようです。(ナード・チェア自体の取り扱いは確認できませんでした。)

海外のによるとお値段は349ユーロ、日本への送料は39ユーロです。

[]

平井 龍之進

ニューヨーク州立大学建築工学、ロッテルダム建築大学院を経て、現在ワシントン大学セントルイス建築学修士に在籍。あまり日本では取り上げられることの少ない海外の建築、家具、プロダクトデザインを中心に紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by

Ranking