林 美由紀

林 美由紀

人それぞれの快適空間って、あるものですよね。

それはもしかしたら、1畳ほどの広さの床かもしれませんし、お風呂、はたまた自分の体にしっくりくるソファかもしれません。そんなお気に入りの場所では、本を読んだり、遊んだり、好きな時間を過ごして、さらにそのまま眠ることができたら最高ですよね。

「Barnwood Hanging Bed」は、そんな夢をかなえてくれそうなベッドです。天井からつり下げるタイプのベッドは、ふわふわ浮いているような、そしてちょっとゆらゆら揺れる感覚が楽しそう。

普通のお部屋はもちろん、画像のように森の中のおうちならば、屋根付きのバルコニーなど、屋外につるしてもいいかも。外枠は松の木で作られており、頑丈なチェーンでつり下げるようになっています。

残念ながらこのベッドはサイズが大きいため、アメリカ国内のみの発送とのこと。

ハンモックともブランコとも違う。安定感のある「ゆらゆら」を楽しみながら眠りにつけるのなら、ちょっと体験してみたいですよね。

[via] 

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking