吉川 晶子

吉川 晶子

3
3

人間は欲望に突き動かされたとき、驚異的なクリエイティビティを発揮します。

今回は、お酒大好き人間が酔っ払った頭で考えたとしか思えない、イカした発明品の数々をご紹介しましょう。

どれも「その発想はなかった!」という便利グッズばかりですよ。

■栓抜きマグネット

冷蔵庫からヒエヒエキンキンのビールを取り出したら、なるっべく素早く可及的速やかに飲みたいですよね。「えーと栓抜き栓抜き……」なんて探してる時間が惜しいですよね。そこで、栓抜きを冷蔵庫のマグネットとして貼っつけておけばいいじゃん! というのがこちらの商品「Bottle Opener Fridge Magnet」。[via HiConsumption]

■手ぶらビールバックル

一度ビールを飲みだしたら、なるっべく素早く可及的速やかに飲みきりたいですよね。「ちょっと一旦テーブルに置いて、ポテチの袋を開けて、と……」なんてやってる時間が惜しいですよね。そこで、ビール瓶をベルトのバックルに置いておけたらハンズフリーじゃん! というのがこちらの商品「Hands-Free Beer BevBuckle」。[via Ba BAM – BevBuckle!]

■絶対失敗しないコルク抜き

ワインのコルク抜きが苦手という人、実はけっこう多いのではないでしょうか。安いワインならコルク抜きに失敗してカスが中に入ってしまってもまぁいいか……と思えますが、たまーに高いワインを開けるときには緊張しますよね! そんな絶対に失敗したくない状況で心強いコルク抜きがこちらの「Planetary Gears Corkscrew」。取っ手をクルクル回すだけで確実に開栓できます。[via ThinkGeek]

■全自動カクテルマシン

才能の無駄遣い! ……とはいえ、製品化したら意外とバーや居酒屋に売れるのでは? とくに意味もなくグラスが7色に光ったりするあたり、製作者のサービス精神を感じて胸が熱くなります。飲み過ぎちゃってもボタンひとつでカクテルのおかわりができるね! [via that’s nerdalicious!]

■おまけ:ワイン専用タイムマシン(未来用)

この「量子ワインタイムマシン」は、超音波の力で安ワインをビンテージ10年モノのワインに変えてくれるそうです。……うん、信じればきっと美味しく感じるはず! [via ギズモード・ジャパン]

吉川 晶子

東京生まれ、大家族育ちのライター・編集者。ライフハッカー[日本版]、マイスピの編集スタッフを経て、現職に。映画・フィギュア・マンガが好きで、ベランダ園芸とコーヒーのドリップも趣味です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking