中島 彩

中島 彩

10
9
8

Photo by[Oregon Live]

「スパニッシュ・コーヒー」という飲み物があります。

ほんのり甘くて温かいコーヒーのお酒です。

これからますます寒くなる季節。ブランケットにくるまりながら、グラスに一杯飲むだけで、カラダが芯から温まります。

スパニッシュ・コーヒーは米国ポートランドでは冬の定番カクテル。地元ではスパニッシュ・コーヒーの代名詞ともいえる、老舗レストランの「Huber’s」のレシピをご紹介します。

[材料]

ラム酒 22ml
トリプルセック(柑橘系のリキュール) 7ml
カルーア 45ml 
ホットコーヒー 適量
ホイップクリーム 適量
ナツメグ 適量
砂糖 適量
ライム 適量


[作り方]

ワイングラス(約240mlの容量のもの)をお湯で温める。

グラスのふちにライム汁をつけてから砂糖をつける。ラムとリキュールとカルーアを入れたら、ほどよい高さまでコーヒーを注ぐ。

上にクリームをのせて、お好みでナツメグをかけたら出来上がり。

本来、Huber’sではラムとリキュールを入れたあとに、火をつけますが、いえなかでは危険なので割愛しました。そして、ラム酒は「515」という強い種類のものを使っています。

コーヒーだけど、お酒です。飲みやすい! といってグイグイいくと、想像以上に酔っ払います…。少し強めの配分なのでご注意を。アルコールの量はお好みで調節してくださいね。

PORTLAND BARTENDERS BEAT WINTER CHILLS WITH COFFEE COCKTAILS [Oregon Live]

中島 彩

ルーミーの元編集長。部屋でラジオを聞くのが好き。オレゴン州ポートランドで学生時代を過ごす。ちょっと広めの部屋に引っ越したので諸々一新しようと、いえなか・いえもの情報を収集する日々。完全に公私混同しているのはここだけの秘密です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking