林 美由紀

林 美由紀

外出先から帰ってきたとき、お留守番をしていたワンコは、ちぎれんばかりにしっぽを振って「おかえり~」とお迎えしてくれますよね。ご主人様を「大好き」という気持ちが伝わってきて、そんな姿に、キュンとしちゃいます。

そして、そんなに好きな気持ちを表現してくれるのならば、こちらもその気持ちに応えてあげてみてはいかがでしょう。

ご主人様好きのワンコに至極の時間を過ごしてもらおう、というコンセプトで作られたのが、中国のデザイナーYunfan Tanさんデザインの「The WithMe Bone」。

骨の形をしたワンコ用のおもちゃの中は空洞になっていて、小さなボイスレコーダーがついています。


こちらにご主人様の声を録音します。ワンコの名前を読んだり、「おいで」「いい子だね」など。ワンコが、このおもちゃを振るたびに、音が再生される仕組みになっているのだそう。


そしてこのおもちゃには小さな穴がたくさん開いているので、空洞部分に使用済み靴下などを入れておくと、その穴からご主人様のにおいが漏れ、臭覚から安心できるというわけです。


これなら、お留守番をしているワンコも、いつもそばに安心できる音とにおいを感じられますね。

きっと、聴覚と臭覚をフルに使って、ご主人様を感じてくれるに違いありません。

かわいい我が子が安心してくれるのならば、これくらいはやってあげたい、そんなほっこりできるコンセプトのおもちゃなのでした。

WithMe Bone[via Gizmodiva]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking