ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

4
4

デンマークのデザイナーはセンスがよすぎると常々思ってはおりましたが、これには心底シビれました。

スタイリッシュなデザインで胸にささってくるこの「Cafe solo」は、ガラスジャグに直接コーヒーの粉を入れ、熱湯を注いで10秒かき混ぜ4分間待つだけで、たっぷりおいしいコーヒーができちゃう、というれっきとした本格派コーヒーメーカーです。

一方デザインのよさはさておき、紙フィルター不要で本当においしいコーヒーが作れるの? という疑問が。これに対し、販売元のではこのような説明がありました。

紙フィルターを用いたドリップ式はすっきりとした味わいを楽しめますが、反面コーヒー豆が持つ本来の 強い香りコク、また微量の油も一緒に取り除いてしまいます。このカフェソロはコーヒーパウダーを熱湯で十分泳がせて、豆本来の個性を楽しむ事が出来るのです。

なるほど、製法の違いでいろいろな味わい方ができるんですね。

加えて、このガラスジャグを覆う保温用カバーの存在が、この製品のオシャレ感をさらに倍増させています。カラーはクリーミーサンド、ハバナブラウンなどの数色が展開されているので、お好みのものをチェックしてみてくださいね。

[]

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

1974年生まれ。百貨店、IT系企業などを経て、前職は大手ネットショッピングモールのPR担当。「クレイジー=褒め言葉」と信じて疑わず破天荒な人生を送ってきたさなか、「ライフハッカー[日本版]」での恋愛記事執筆のお話をもらい、ライター業へと足を踏み入れたのが数年前。特技は手強いデザイナーズマンションを自分色に染め変えてしまうこと。モノとデザインに妥協はないが時折自分に大幅妥協してしまう、エセロシアンな妄想好き自由人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking