河原田長臣

河原田長臣

5
1

過去のものでもアイディア一つでこんなに斬新なプロダクトに。

フロッピーディスクが使われないようになってから、だいぶ時間が経っていますが、今回こうやってテーブルとして生まれ変わりました。




NEWLANT VAN EXELのFloppytableがこちら。金属部分がスライドして、中にリモコンなどを置くスペースが出てくる、といったギミック付き。フロッピーディスクかぁ、懐かしいですね。

タイトルでも書きましたが、名前がフロッピーデスクだったらもっと面白いのに。あ、これ、デスクじゃないのか。

[designboom]

河原田長臣

編集部翻訳担当からroomie編集部に。大学では海洋工学を専攻、音楽はマーラーやレスピーギ、ロックやダブステップと幅広く愛し、でカメラはLeica Mマウント、iPhoneよりもBlackBerry、プロジェクション・マッピングが大好物、という編集者。フランス人とアメリカ人とルームシェアしています。出身は滋賀県。ラブ琵琶湖。

あわせて読みたい

powered by

Ranking