ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

強烈に個性的で、中にいるだけでハイテンションになりそうなワーキングスペースを発見しました!




ノスタルジックな雰囲気満点のこちらのバスは、ハンガリーのバスメーカー、Ikarus製のもの。このキャビン前方部分をたてに真っ二つにし、ワーキングスペースにしてしまったという、何とも大胆でポップなリフォームアイデアにつくづく感心してしまいます。




席に着くと、目の前には大きなフロントガラスとワイパーが。




ヘッドライトをオンすれば、室内の照明も雰囲気バッチリ! バス自身も、このユニークな第二の人生を謳歌しているかのように見えますね。

中にいるとうきうきしすぎて、作業がはかどらない可能性もあるのでご注意を。

[]

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

1974年生まれ。百貨店、IT系企業などを経て、前職は大手ネットショッピングモールのPR担当。「クレイジー=褒め言葉」と信じて疑わず破天荒な人生を送ってきたさなか、「ライフハッカー[日本版]」での恋愛記事執筆のお話をもらい、ライター業へと足を踏み入れたのが数年前。特技は手強いデザイナーズマンションを自分色に染め変えてしまうこと。モノとデザインに妥協はないが時折自分に大幅妥協してしまう、エセロシアンな妄想好き自由人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking