河原田長臣

河原田長臣

1

去年のセイント・ジェームズ・デイに、スペインはガリシア地方のサンティアゴ・デ・コンポステーラにて、サンティアゴ大聖堂の創建800年を記念した式典があったんですが、どでかいスケールのプロジェクションマッピングが登場しましたよ。

随所に出てくる自然をモチーフにした場面も好きなんですが、僕のおすすめは5分20秒や8分5秒辺りから始まるメカメカしいところでしょうか。大聖堂がトランスフォームしちゃうという現実と非現実のコラボレーションにグッときますね。僕はこれをプロジェクションマッピングのトランスフォームと呼んでいるのですが、やっぱりプロジェクションマッピングといえば、これが醍醐味でしょう。

[via Mad Mapper]

河原田長臣

編集部翻訳担当からroomie編集部に。大学では海洋工学を専攻、音楽はマーラーやレスピーギ、ロックやダブステップと幅広く愛し、でカメラはLeica Mマウント、iPhoneよりもBlackBerry、プロジェクション・マッピングが大好物、という編集者。フランス人とアメリカ人とルームシェアしています。出身は滋賀県。ラブ琵琶湖。

あわせて読みたい

powered by

Ranking