内田 智

内田 智

5

松ぼっくりというと、タマゴと同じくらいか、せいぜいゲンコツくらいの大きさしか見たことがないかと思います。

青山の「」さんで扱っているオレゴン産の松ぼっくりは、まるで規格外のサイズ。大きいものだと30cmも超えるほど。

問題は、この大きな松ぼっくりをどう飾るかってことですね。巨大なクリスマスツリーがあれば、ワイヤーをかけてそのまま飾れますが…。



無難なところですと、バスケットや木箱に入れてクリスマスツリーの下に飾ったり、白樺などの太い枝を買ってきて、そこに引っかけたりなどなど。



存在感がありすぎて、飾るのに困ってしまうほどの松ぼっくり。この際、「飾る」のではなく、「飾られてしまえ!」ということで、ミニクリスマスツリーを作ってみました。

作り方はいたって簡単。

松ぼっくりが入る程度の植木鉢を用意し、植木鉢の中に新聞紙や広告などを詰めて松ぼっくりを固定。

新聞紙が見えないように、水ごけ(100円ショップなどで購入可)などを乗せる。

ワタやオーナメントなどを適当に飾りつければ完成。

ここまでの作成時間は10分足らず。

もっと華やかにしたい方は、リボンやイルミネーションなどをつけるのも良いかと思います。ぜひお試しください。

撮影協力:
5

内田 智

NPO法人日本園芸療法研修会 園芸療法コーディネーター。日本園芸療法学会 認定登録園芸療法士。植物のそばで生活すると、人はもっと優しくなれるはず。そんなことを思いながら、日々暮らしています。

あわせて読みたい

powered by

Ranking