尾田和実

尾田和実

! 僕の青春はベスパと、モッズパーカーと共にあった。

そんなモッズ・カルチャーの思い出に浸るOver 40のためのビール「The Old Revival」が登場。「」という老舗UKアパレルメーカーが初めて販売するビール。「」という代理店がパッケージを企画したもののようです。



ぶっちゃけ、THE WHOというバンドのパクリですが、イギリスでは、元オアシスのリアム・ギャラガーがデザインするモッズファッションを取り入れたブランド(  )や、“モッドの父”こと兄貴がなかなかの人気ぶり。

モッズ (ModMods, Modernism or sometimes Modism) は、イギリスの若い労働者がロンドン近辺で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。モッズファッションとしてよく連想されるものとして、髪を下ろしたMod Cut、細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーパーカー、多数のミラーで装飾されたスクーターなどがある。

1951年にアメリカ軍に採用されたミリタリーパーカー()は、モッズの人々に愛用され、「モッズコート」(「モッズパーカ」とも呼ぶ)として知られている。 (via )

コンサート後にパブでガバガバ飲まれそうですね。

[via ]

尾田和実

ギズモード・ジャパンの元編集長。リルログ・ブロガー。

あわせて読みたい

powered by

Ranking