尾田和実

尾田和実

1


防災用としてもいける、何よりやる気になる。まさに一家に一台!?

地味だけど、スペースもとらずに手軽にカロリーを消費できる縄飛び。寒い季節にもうってつけです。

しかしその手軽さと単調さゆえになかなかやる気にならないもの。ならば、スマートフォンを充電という目的意識をトッピングしてしまえーーそんなありそうでなかった縄跳び兼手動充電池が「PULSE」です。

3Dプリンターでカッティングされたパーツに、ダイナモとバッテリーを内蔵。飛べば飛ぶほどダイナモが回転し、数日の旅行に対応できる程度のスマートフォン用の電力が充電できるそう。どこかアバウトで原始的な製品ですが、得した気分になれそうなことは事実。これならチャレンジしてみようという気になるかも。

「PULSE」は現在、100台限定のベータテスト版を129ドルで販売中です。

 via [DVICE]

尾田和実

ギズモード・ジャパンの元編集長。リルログ・ブロガー。

あわせて読みたい

powered by

Ranking