OShima

OShima

2
1


朗報。この一台があれば、もはや自転車にオフシーズンなし

降った後に何日も道の端っこに残り、溶ければ路面を凍らせる雪は、自転車乗りにとって大敵。雪が降ったら数日は自転車に乗らない人も多いのでは。

もしあなたがこんな自転車を持っていれば、話は変わってきます。

“sno”と名付けられたこの自転車は、トルコのデザインチーム“venn industrial design consultancy”が手がけたものです。

ハンドルにつながったスキー板をはじめ、”sno”という名の通り雪のコンディション向けに最適化されています。

前輪ならぬ前板(?)と後輪部分をつなぐZ型の特徴的なフレームは見た目以上に強固な構造です。また、力の伝達や車体全体の重量バランスを調節することで、パワー効率も上昇しています。

ベルトとつながった2本の後輪が、雪の上でもガンガン推進力を出してくれます。カラーバリエーションはイエローのほか、ブラックとブルー。

完成するのは少し先になるかもしれませんが、アイデアとして面白い! 一度は乗り心地を楽しんでみたいですね。

[designboom]

OShima

1983年生まれ。東京在住。Webで編集/ライター。自転車、旅行、カルチャー系の文章など。猫好き。

あわせて読みたい

powered by

Ranking