AYAKAbi

AYAKAbi

2


いつか私も世界のどこかにマイホーム。夢は大きければ大きいほど良いって言いますものね。

今回ご紹介するのは、オーストラリア、メルボルンに建設された”Green House”。こちらをデザインしたのは、メルボルン在住のSean Godsellさん。活動を開始した、1993年から現在に至るまで数々の受賞歴をもつ建築家です。

一見無機質な四角いボックスのような家に見えますが、こちらの住宅には呼吸する機能が付けられているんです。





UVカット機能付きの屋根がパラパラと呼吸をします。

ありそうでなかった、とはまさにこのことかもしれません。

貴重なスケッチはこちら。

オープンカーならぬ、オープンハウス。

季節や天気によって調節が出来る賢いお家です。この作品のインスピレーションには日本の建築家である、篠原一男さんや安藤忠雄さんも上げられていました。

小さいスペースながらも、光との共存によって生まれる心地よい住宅スペース。

私もいつかマイホームを設計する時が来たら、こんな家にしたいと思います。

[]

All Photography by Earl Carter

2

AYAKAbi

エスペランサ靴学院を卒業後、日本にてダンスシューズの研究開発を8年間担当。現在はNYを拠点に、靴をはじめ、トラベル雑貨/ジュエリー等のプロダクトデザインをしています。

あわせて読みたい

powered by

Ranking