バースデーケーキを吹き消すときの幸せとドキドキは、どこの国でも共通するのではないでしょうか。

The Mercadantesが製作した、「呼吸―生まれて初めての赤ん坊の一息から、一日の終わりのため息まで。呼吸は普遍的言語なのだ―」は、人々の呼吸だけをカメラで追ったショートフィルムです。

動画はこちらからどうぞ。

トップのイメージがやたらハリウッドなのはご愛嬌(笑)。

悲しいとき、うれしいとき、怖いとき、愛おしいとき。生まれてからこのときまで、私たちはどんなときでも呼吸を続けています。

いろんな場面が短く編集されているのですが、それぞれの呼吸と身振りだけで、何を感じているのか、時として痛いくらいビリビリと感じます。

私たちは、お互いに同じ言葉がしゃべれなくても、感情を持った人間であり、共感できるのだと深く、強く訴えかけてきます。相手の声に耳をすませば、もっと優しくなれるのではないでしょうか。

ぜひ、音量をあげての視聴をお勧めします。胸がいっぱいになること間違いなしです。

Breath[]

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking