ぼやーっと浮かんで見えるこちらの「Portrait」。

顔認識アルゴリズムを使って、映画の登場人物を重ねた、映画のアイデンティティを表現したものです。映像のフレーム毎に顔を認識し、見つかった顔の平均を作り出しました。

韓国を拠点に活動するShinseungback Kimyonghun(Shin Seung BackとKim Yong Hunのユニット)によるこちらの作品。映画の登場人物全てを重ね合わせてみると、その映画のもうひとつの特徴が浮かび上がってくるんです。

トップ画像は『アメリ』です。どこか柔らかい表情ですよね。


『アバター』のポートレイト映像作品はこちら。




『ブラックスワン』は柔らかくも、どこか凛としたイメージです。




『タクシードライバー』。




『オールドボーイ』。




こちらが『マトリックス』。キアヌリーブスの面影がある気がしませんか?




映画の別の顔のイメージが、面白いコンセプトで表現されています。

もっと作品を楽しみたい方は以下のサイトをご覧ください。

[]

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking