春萌

春萌

2
25
1

93歳の魅力を大胆に表現したおばあちゃんのファッションにドキドキしてみませんか?

A photo posted by mori chinami (@1000wave) on

笑顔がステキなこのモデル、さをり織りアーティストのMori Chinamiさんのおばあちゃんなんです。

A photo posted by mori chinami (@1000wave) on

毎日おばあちゃんを送り迎えしていたMoriさんが、おばあちゃんにモデルを頼んだのは、なんとなく暇そうだったから。さをり織りをする横で、ぼんやりと本を読んでいたおばあちゃんに、何か手伝ってもらおうと声をかけたのがきっかけです。

A photo posted by mori chinami (@1000wave) on

こんなハッピー感満載のスマイルを見ていたら、心がぽかぽかしてきますね。おしゃれが人を変えるとはまさにこのこと。 Moriさんのモデルとして活躍していくうちに、おばあちゃんもどんどん楽しむようになっていったそう。

A photo posted by mori chinami (@1000wave) on

この奔放な喜びは、どこかさをり織りの考え方につながるような気がします。

他の織り方では失敗と見なされることも、さをり織りは、手織りの持つ味、個性として尊重するのです。

「きまりごとや堅苦しいことが嫌いな私には、何にもとらわれずありのまま楽しい色たちを織り込んで自分を表現するのにぴったりの織物だと思っています。」

さをり織りの魅力を、Moriさんはそう語りました。

A photo posted by mori chinami (@1000wave) on


こんなステキなおばあちゃんの笑顔をもっと見たいという方、Moriさんのさをり織りをもっと見てみたい方、はぜひMoriさんをフォローしてみてくださいね。

なお、さをり織り購入を希望の場合は、直接Instagram経由でメッセージください、とのことです。

 

春萌

キッチンが制作ルーム近くにないと生きていけないイラストレーター・絵本作家。アメリカNY州第2の都市在住。広告のお仕事に携わった後、アートとデザインを学びに渡米。和食が恋しいまま、グリーンカードを取得。冷蔵庫には抹茶とあんこが常時待機中。ワクワク・ドキン・ハラハラ・ホロリ。そんな、ココロとイブクロをつかむおはなしをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking