Oferte-noi.info- oferte-noi.info

ホシデトモタカ

人気連載「みんなの部屋」vol.44。部屋づくりのアイデア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。



京成電鉄・東京地下鉄メトロが交差し、都内では数少ない路面電車・都電荒川線が走る町屋。駅前には昔ながらの居酒屋が並び、ザ・下町な佇まいが魅力です。そんな町屋駅から徒歩5分の場所に、今回の主人公・平井龍之進さん、好美さんの家が。以前、ルーミーで結婚式を取材させていただいたおふたり、今はどんな家に住んでいるのでしょう。

住所の場所に訪れると、家が見つからない……。「おーい、ここですよ」と案内してもらった場所は、いや、ここ花屋か雑貨屋にしか見えません! それにはこんな理由がありました。

名前:平井龍之進さん 好美さん
職業:建築デザイナー(龍之進さん) フラワーデザイナー(好美さん)
場所:荒川区・町屋
面積:約100平米 2LDK
家賃:15万円程度
築年数:築26年 店舗兼住宅


お気に入りの場所

ベッドとキッチンがあるプライベートスペース


「寝るのが好きなので(笑)」と言って紹介してくれたのは、ベッドがあるプライベートスペース。家の中で「プライベートスペース」というのもおかしな話だが、平井家は、店舗スペースと住居スペースが繋がってできている。


間取り図(クリックで拡大)

元々は、店舗利用+そのテナントの住居スペースの抱き合わせで募集がかけられていた物件。それを、どちらも合わせて住居として使う交渉をし、「商用利用しない」「現状復帰ができる改装のみ可」という条件で契約。龍之進さんは店舗スペースと住居スペースの間の壁を抜く許可を得て、動線を確保した。住居スペースには、ベッドルームとキッチンがコンパクトにまとまっている。


パレットで作ったリビングの小上がり

いつでもレイアウト変更可能なパレットを利用したリビングスペースは、時には30人の友人を招いてホームパーティをすることも可能。クリスマスにはリース作りのワークショップを開いたり、友人の結婚式の準備をしたり、いろいろと“使える”空間。パレットはで購入して、自分たちで組み立てた。


2人掛けのハンモック

ガラス張りの店舗スペースは、家でありながら半パブリックな空間。オランダを訪れた際に買ってきた2人掛けのハンモックは、龍之進さんのお気に入りスペース。休みの日は、ここで好美さんとふたりダラダラと過ごすのが平井家流。


喫煙スペース

植物を愛でながらタバコが吸える喫煙スペースは、格別にリラックスできる空間。


この部屋に決めた理由

「広さと安さ、それと大家さんの人柄で決めました」

開口一番、この部屋に決めた理由を語る龍之進さん。これまで、目黒区で35平米の物件、世田谷区で68平米の物件と、およそ1年ごとに住み替えてきた。今回も、1年を待たずに「見たい物件がある」と言い出した龍之進さんに対し、好美さんは「また……?」と半信半疑で内覧に同行したそう。インターネットで見つけて惹かれたその広さ、実に100平米。

前述の通り「現状復帰ができる改装のみ可」という条件のもと、いろいろなイベントやライフスタイルの変化に対応するために、内装デザインは「可変性」を意識。すぐに解体可能なシェルフや、積み重ねてベンチにできるパレットの床が、一味違うインテリアをつくり出している。

また大家さんの人柄も、入居を後押ししたポイントの1つ。大家さんは長いこと町屋で不動産屋を営んでいて、「デザインの力で町を盛り上げるような、何か新しいことをしたい」と前々から考えていたそう。それで平井家の計画に共感してくれ、ラッキーなことに契約までこぎつけられた。今も龍之進さん、好美さんの計画に前向きに協力してくれ、新しいプロジェクトも進行しているという。


残念なところ

広々としたリビングスペースは、以前は店舗があった場所。電気系統が住居と店舗で1系統しかなく、リビングスペースにエアコンがないのが悩み。また、ペット厳禁なので、大好きなネコが飼えないのも残念だ。


お気に入りのアイテム

紙風のキャンバス製バッグ

友人の紹介で知り合ったが製作している、帆布を蝋引きしたバッグ。彫刻作品を制作する過程で生まれた作品で、クラフト紙の色を再現するために、帆布をコーヒーや紅茶で染めている。龍之進さんは普段からかなり活用しているそうで、使い込んだ風合いもいい感じ。


たくさんのプランツ

を活用


外から見ると「花屋かな」と思うほど、植物にあふれた家。その数およそ100鉢。元々は植物に興味がなかった龍之進さんだが、フラワーデザイナーの好美さんの影響で、どっぷりハマってしまったそう。

「半年間くらいで、ものすごく詳しくなっちゃいましたね(笑)。僕は大学時代はニューヨーク、大学院時代はセントルイスで暮らしていて、同じ場所に4年間以上住んだことがなかったので、植物やペットを共にする習慣がなかったんです。今は日本に戻ってきて仕事も決めて、しばらくは定住する予定なので、植物に接してみようと思ったら……ハマっちゃいました」

なるほど、毎朝晩には個体別に適した量&タイミングで水をあげている可愛がりっぷりで、取材の1/3は植物の話だった。


丸尾舞さんの陶器作品

名古屋をベースに陶芸作品を製作しているの陶器類がお気に入り。ニューヨークの語学学校で出会ったそうで、おふたりの結婚式では、テーブルの花瓶や受付の小物入れなど、約30点をオリジナルカラーで製作してもらったほど。中でも“凹凸の”という意味を持つ「Concavo-convex」シリーズは、なんとも言えないマットな色合いと触りごこちが素敵。

NEXT >> 詳しいDIYのアイデアと、この家ができるまでの過程


暮らしのアイデア

できるだけDIYする



建築デザイナーである龍之進さんだからこそのアイディアが満載の平井家。パレットを利用した洋服掛け、工事現場で使われる脚立を利用した格安ディスプレイシェルフ(即座に解体可能!)などなど、アイデア満載のDIYがこの家を特別な空間にしている。

「現状復帰ができて、かつ可変性のある空間を意識しています。移動がしやすい収納スチールラック付きの壁をつくったり、プロジェクター・スクリーンや間仕切り用カーテンを、もともと天井に開いていた打ち込み穴を活用して、自由に吊り下げる計画にしたり……。ハンモックやハンギングプランツ、そしてゆくゆくはベンチやテーブルも吊り下げ式にしたいと考えています」



家具はいつでも解体、移動できるので、大人数で集まることが可能。ウェディングパーティ用の寄せ植えワークショップを依頼されたり、プリザーブドフラワーのワークショップを開いたり、結婚式1周年記念のパーティができたり。たくさんの人が集える空間での暮らしは楽しそう。


これからの暮らし

状況に合わせて、自在に変えられる部屋を目指しているおふたり。確かに、次に訪れたらまったく違う部屋になっていそうな予感。

「35→68→100平米と引っ越してきたからには、次は200平米くらいないとですね……」という編集部の問いかけに「ですよね(笑)」と笑う龍之進さん。これからどんな部屋をつくっていくのか、楽しみだ。部屋ってアイディアなんだな、そんな気持ちになる家だった。


番外編:この家ができるまで

施工前の様子




特殊にも、元店舗を住宅にしている平井家。入居時まず初めに行ったのは、清掃と床塗りだった。

その後のパレットづくりと収納棚づくり、引越しも含めて、友人たちの力を借りてつくり上げたそうだ。この素敵な家ができるまでには、いろいろな過程があったようだ。

Photograghed by



新着記事

80%オフも!Amazonタイムセールで「キャリーワゴン」や「アルコールストーブ」が今ならお買い得ですよ

やっぱTevaだな〜! スポサンなのに脚をキレイに見せてくれる「3cmソール」が最高なのよ…|マイ定番スタイル

ずっと触っていたい…。日進木工の新作は、インテリアにも身体にもフィットする心地よさなんだ

カッコよすぎる急須を手に入れてしまった…しかも落としても割れないから安心感がすごいんだ|マイ定番スタイル

ランタンで風情ある夏の夜を|アウトドアな家暮らし

Oferte-noi.infoの新着記事をみる

купить постельное белье

купить постельное белье сатин