林 美由紀

林 美由紀

38
25

もしもの時に備える。必要とはわかっていても、時とともにおざなりになってしまうこともある。災害時には支援物資が届くまで時間がかかる可能性があるので、最低3日分、できれば1週間分の水と食料を備えておくことが必要だといわれている。私も子どもなど家族がいるので、嗜好やアレルギーを確認して、しっかりと備えておきたいものだ。

防災の日」である明日9月1日を前に、Amazonで保存食のセールが開催される。これを機に、保存袋の中身を見直したり、新たに保存袋を作ってみたい。

¥3,132

5年常温保存ができ、水でも作れる「アルファ米」保存食シリーズ。白飯をはじめとした松茸ごはん、赤飯、ドライカレー、チキンライス、梅がゆなど12種類セットだ。お湯で約15分、水で約60分でふんわりご飯やお粥ができあがる。お茶碗大盛り1杯分でスプーンも付いているので、そのまま食べられるベストセラー。

¥2,539

立山の天然水3本、フリーズドライビスケット1箱、マジックライス青菜ご飯1食、マジックライス梅じゃこご飯1食のセット。マジックライスは水の量を調節することでご飯とお粥の2通りの食べ方ができ、子どもから年配の方まで食べることができる。

¥866

口あたりがまろやかで、からだにやさしい弱アルカリ性のすっきりとした味わいの軟水。飲料として、洗顔やトイレなどとにかく必要になる水は、しっかりと用意しておきたい。普段の飲料や料理に使うことができるので、年月が経っている保存水は使って、買い足すといいかも。2リットル9本セット。

¥1,108

小麦粉などの原料を3段階にわたり長期熟成し、発酵した生地を遠赤外線オーブンでじっくり焼き上げたおなじみカンパンのホームサイズ。家族がいるなら、大きめサイズを揃えておいてもいいだろう。

>>
>>

今回ご紹介したもの以外にも、さまざまな保存食がある。家族の好みを考慮して揃えれば、もしもの時にも少しほっとできるかもしれない。

[Amazon]
[Amazon]
[Amazon]
[Amazon]
Top image :

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking