林 美由紀

林 美由紀

100
7

大きくなったら、何になりたい?」子どもの頃に、よくされた質問。

みなさんは、なんと答えましたか。私は考古学者になることが子どもの頃の夢でした。

実際には考古学者にはなれなかったけれど、図書館で本を読んで「知る」ことができたり、いくつかの遺跡を間近で見るチャンスもありました。

石鹸で、子どもたちの未来が輝く!

SAVE SOAPプロジェクト

けれど世界では、手洗いなどで予防できる肺炎や下痢、マラリアといった感染症が理由で、大人になることができずに未来を奪われる子どもたちがいます。

子どもたちに手を洗うことの大切さを伝えることで、きっと未来が輝くものになる。そんな思いから誕生したのが「SAVE SOAPプロジェクト」です。

世界初の「石けんで洗って読む絵本」
SAVE SOAPプロジェクト

アンファーので「SAVE SOAP」を購入すると、感染症に悩むカンボジアの子どもたちに、石けんと石けんで洗って読む絵本「Washable Book」が届けられるというもの。

水が浸透すると、絵が出てくる絵本

石けんでページを洗うことで物語を楽しむ

「Washable Book」は、水が浸透すると、カラーで表現した隠し絵が現れる「水透かし印刷」という印刷技術を応用し、“石けんでページを洗うことで物語を楽しむ体験”ができる世界初の絵本。

水に濡れる前のページには、子どもたちの現在の日常シーンが描かれています。

洗って読む絵本

汚れた手を石けんで洗ってきれいに水で流すと、夢が叶った未来の姿が現れる仕組みです。

石けんで洗って読む絵本

最後のページには、自分の顔が映る仕掛け。

絵本を読みながら、手を洗うことで病気を予防し、未来を変えることができることを子どもたちが体感し、理解できる内容になっているんです。

知ること、そして日々少しずつ行動することで、夢見る未来に1歩近づくことができるんですね。

¥800

[PRTIMES]
[Amazon]
100
7

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking