145
19
6

単純な防寒目的ではない分、春に着るコートはどこか特別です。丈の長いスプリングコートを暖かくなってきた風になびかせて歩けば、気分も春色に。

それは、着られる時期が短いからこそ、大切にしたい瞬間。

スプリングコートについて、アパレルPRオフィス「ムロフィス(muroffice)」代表・中室太輔さんに教えてもらいましょう

そんな春のコートが風にたなびいたときに香るのは、爽やかなものであってほしいですよね。

前日に食べた焼肉の残り香や、タバコのヤニ臭さであっては、せっかくの気分も台無し……。

スプリングコートについて、アパレルPRオフィス「ムロフィス(muroffice)」代表・中室太輔さんに教えてもらいましょう

どうやら春を気持ちよく迎えるためには、ケアが必要そう。

というわけで、スプリングコートについて、アパレルPRオフィス「」代表・中室太輔さんに教えてもらいましょう。

スプリングコートは“梅春”だけ。それでも見境なくオーダー

スプリングコートは梅春だけ。それでも見境なくオーダー

アパレル業界に入りたての20代の頃に、バルカラーコートにスニーカーを合わせていた黒人のスナップを見たことがきっかけで、意識的にコートを着るようになったという中室さん。

「それまで、『コートを着崩す』なんていう発想はなかったんです。衝撃的でした」

極度の暑がり・汗かきだという中室さんにとって、スプリングコートを着る時期は、いわゆる“梅春”と呼ばれるちょっと肌寒い時期に限られます。たとえ着る期間が短くても、展示会では見境なくオーダーしてしまうほど、コートが潜在的に好きなのだとか。

ここ数シーズン続いているのは、オーバーサイジングの流れ

ここ数シーズン続いているのは、オーバーサイジングの流れ。

どうやらこの春も続きそうで、「肩幅もタッパもあるので、丈の長いものをバッサーっとなびかせて歩くのが好き」だという中室さんも、やはり身幅のたっぷりとした膝下までのコートには目がないのです。

スプリングコートのケアで、一番気になるのはニオイ

スプリングコートのケアで、一番気になるのはニオイ

衣類のケアについてお話を聞いてみると、繊細なこだわりが出てきました。

「わりとクローゼットとかに、ズボズボ突っ込んでしまうことが多くて」と、イメージ通りの豪快さを覗かせつつも、「販売員時代から、アイロンをかける時間が好き」と話すように、洋服のケアに対するこだわりは、やはり人並み以上。

「アイロンをかけているときの、あの無心になれる時間が好きなんです。パーツごとにかけていくと、洋服がどんな風に作られているのかがわかります。それが『面白いなー!』って」

スプリングコートのケアで、一番気になるのはニオイ

コートのケアに関しても、仕事・プライベート問わず意識する場面が多いそうです。特に気にしているのは、焼肉やタバコの煙など、「いつの間にかついてしまった」ニオイ。

中室さんのショールームで扱っている商品に関しても、スタイリストさんから返却の際に、稀にタバコのニオイがついてしまっていることもあるのだとか……。どれだけ注意深くしても、やはりロケバスなどに染みついたニオイが移ってしまうのでしょう。

「そういうときは、とにかく消臭スプレーに頼ることが多いですね。自分の服の場合は、家に帰ってバッシャバシャスプレーを吹きかけます(笑)」

特に起毛素材や目の詰まったものは、「消臭剤が中まで浸透していないんじゃないか」と不安になり、ついついスプレーをし過ぎてしまうこともあるのだそう。

スプリングコートのケアで、一番気になるのはニオイ

「でも、そうすると衣類に届かなかった消臭剤が下に落ちて、いつの間にか床が濡れてしまっていたりすることがあります」

部屋の床材が無垢であるため、水分は大敵。消臭スプレーに対する密かな悩みは、きっと中室さんに限った話ではないことでしょう。

『ノンスメル清水香』から発する“あの香り”が、本気の証。

『ノンスメル清水香』から発するあの香りが、本気の証

すなわち、中室さんにとって、揮発性の高さは消臭スプレーの必須要件。ならば、と、白元アースの『』を試してもらいました。

業務用消臭剤から誕生した家庭用消臭スプレーは、優れた消臭力はもとより、その速乾性が持ち味

ホテル業界のプロも認めている、衣類・布製品・空間用スプレーです。

『ノンスメル清水香』から発する“あの香り”が、本気の証。

「わ、ほんとだ! すごいね、ちゃんとすぐ乾く!」と、その速乾性に低音の効いたいい声で驚く中室さん。

自分の着ていたコートだけでは飽き足らず、ショールームに並ぶ洋服にも、次々と吹きかけては揮発していく様子をじっと眺める、という始末。

『ノンスメル清水香』から発する“あの香り”が、本気の証。

ひとしきり無香タイプを試した後で、を。

「すごく女性らしい、良い香りがしますね! 女の子の部屋の香りだ!」思わずテンションが上がってしまうのです。

基本的には無香タイプを選びがちだという中室さんですが、「“香りが強すぎない”のが、僕みたいなタイプにもちょうどいい」と、芳香タイプも気に入った様子。

『ノンスメル清水香』から発する“あの香り”が、本気の証。

思う存分吹きかけた後、「ほのかにアルコールっぽい香りがしますよね」という鋭い感想。アルコール濃度の高さは、『』の速乾性の高さを表しています。

「この香りもあって、信頼できますよね! 安っぽくないし、チャラくない(笑)。そういうところに“本気さ”を感じますね」

コートのニオイを整えれば、暮らしと気分が整う

コートのニオイを整えれば、暮らしと気分が整う

「この間、仕事で初めて会った人に、『中室さんは、清潔感がありますね』って言われたんです」

それもそのはず。中室さんは、初対面の相手に会うときや大事な打ち合わせのとき、シワひとつないシャツに手入れの行き届いた革靴、そしてネクタイを締めて出かけるのだと言います。

たっぷりのヒゲと大柄な体型は、ともすれば相手に悪い印象を与えかねないと、日頃から意識しているというわけです。

コートのニオイを整えれば、暮らしと気分が整う

その人の印象を決定づけるのは、なにも視覚的な情報だけでないでしょう。嗅覚的な情報(ニオイ)への気配りも、同じように大切。

中室さんの場合は特に、そういったケアができているかいないかで、その日のコンディションが如実に変化するそうです。

コートのニオイを整えれば、暮らしと気分が整う

「たとえば大事なプレゼンの前の日にニンニクを食べていたり、打ち合わせ前にニオイのつく場所に行ってしまっていたりすると、やはり100%の自信で臨めませんよね。販売員時代なんかは、わかりやすくその日の売り上げがガクッと下がったりしてました(笑)」

コートのニオイを整えれば、暮らしと気分が整う

衣類をはじめとした暮らしのなかでのニオイのケアは、ときに私たちの心持ちや、コンディションまでを左右してしまうようです。

春本番を迎え、お気に入りのファッションを身にまとえば気持ちも盛り上がります。衣類に対するケアと同じくらいの意識をもってニオイのケアをすることで、もっとおしゃれに自信が持てるはず。

『』で日々の生活の不快なニオイを除去して、気持ちのいい、爽やかな状態で春を過ごしましょう。

sponsored by 白元アース株式会社

[白元アース]

Photographed by

145
19
6

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking