35
62
日々をもっとクリエイティブにしませんか? 今月のうたと暮らしは、「短歌」の表現のおもしろさを知ってもらう企画です。

「短歌」には伝統、古いイメージがあるかもしれませんが、意識を向けてみると、140文字より圧倒的に少ない“31文字”のことばに、詰まっているストーリーの豊富さに驚きます。

ハッとしたり想像が膨らんだりするのがとても楽しく、日々にクリエイティブな視点を与える気がしています。

その月に合ったテーマで月1本、リレー形式で毎月異なる歌人の短歌を、描き下ろしの10首連作でお届けする企画。連作の中にある展開やストーリーを、短編小説を読むように楽しんでみてください。

第6回目の歌人は尼崎 武さん、テーマは「」。

春の道かけるかける

尼崎 武


死に方でいえば練炭自殺とか凍死の旬がもう終わる頃


ふんだんに朝日の入る寝室で目覚めた瞬間から春まみれ

手を洗う水が最近だらしない つられて頬もゆるんでしまう

胸にある暖炉のことを話そうとしても口から煤ばかり出る

寄りかかりすぎてきみごと倒れてく 人は地面に固定されてない

かんたんに愛とか口にするくせにいちいち重みがあってずるいよ

桜の下で食べたおでんが春だった だし巻きたまご入っていたし

春風のなかに崩れていくときもぼくの輪郭がずっとぼくだ

はじめて通る道の終わりではじめて見たでかい木のことたぶん忘れない

花びらをパンの代わりにばらまいてどこへでも帰れる道にする


尼崎 武(あまがさき・たけし)
1979年佐賀県生まれ。アーティスト奥井亜紀のファンであり、彼女が参加したトリビュートCD『君の鳥は歌を歌える』を通してと短歌を知る。2002年から短歌をつくりはじめ、「枡野浩一のかんたん短歌blog」などに投稿。2009~2011年に同人誌『』に参加。2015年に枡野浩一短歌塾(第4期)を受講。2017年に歌集『』を出版。

¥1,836

illustrated by

35
62

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking