9
9
1

からの転載:

三角コーナーの掃除、めんどくさくないですか?

今では三角コーナーを使わず、生ゴミスペースを確保するアイテムがいくつか販売されていますが、自立型水切りネットや水切り袋もその1つ。

水切りネット自体が自立するので、三角コーナーは不要。いっぱいになったら、そのまま捨てればいいという便利グッズです。ここでは、2種類の自立型水切りネットをご紹介します。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページご確認ください。

レック 置くだけ水きり袋 ピンク & グリーン 各15枚

Image: Amazon.co.jp

自立型水切りネット「レック」は、三角コーナー不要の水切りネット。

Image: Amazon.co.jp

三角コーナーの掃除をする必要がなく、捨てたいときに捨てられる手軽さ。なにより、三角コーナーの掃除をしなくていいというのは、非常にうれしいところです。

Image: Amazon.co.jp

使い方も簡単で、広げてシンクに置くだけ。捨てるときは、そのまま捨てられます。金額もお手頃なのですよ。

ネットタイプは水はけがよく使い勝手も抜群。一人暮らしをこれから始める人や、長年使った三角コーナーの買い替えを検討中なら、三角コーナー自体を置かない選択肢もありではないでしょうか。

¥270

ネクスタ シンク用水切りゴミ袋 ごみっこポイスタンドタイプE180枚

Image: Amazon.co.jp

さきほどは素材がネットでしたが、こちらはビニール。使い方は同じで、広げて隅に置くだけ。もちろん、三角コーナーは不要です。

ビニールタイプのものは、小さな穴が空いており、水を逃がせるようになっています。

Image: Amazon.co.jp

水はけはネットタイプと比べると弱くはなりますが、こちらのタイプは袋に柄がプリントされているので、生ゴミが見えにくいように工夫されています。これなら、キッチン周りが華やかになりますね。

執筆現在、カラーはブルーとオレンジの2色から選べますよ。

¥2,040

「三角コーナーを使いたくない」「三角コーナーの掃除が面倒」という人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

[Amazon]
[Amazon]

(島津健吾)

9
9
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking