92
9
11
人気連載「マイ定番スタイル」では、無印良品、IKEAなどに代表される親しみやすいブランドの商品から、ちょっと気になる品々まで、私たちの暮らしを変えてくれそうなアイテムを実際に買ってレビューします。今回はVol.107。

マウスウォッシュを愛用しています。

これまではジョンソン・エンド・ジョンソンの「リステリン」を使っていました。1ℓで税込1250円と安いし、amazonでサクッと頼めるのもよかったんですよね。

でも、無印良品の「マウスウォッシュ」を使ったら、完全にこちらにスイッチしてしまったんです。

ピリピリ感が少ない


植物由来のキシリトールが配合されているからか、ピリピリ感が少なく、まろやかです。

リステリンの場合は使用後に水でゆすいでもまだピリピリしていたのですが、こちらはそういうことがない。

それでも気になるニオイはきちんとスッキリするので、安心です。

わかりやすい


リステリンはフタに線などが入っていないため、フタの半分くらいという目分量で計っていました。

でも、こちらはフタの中に1回20ml分の線が入っているので、そそぐのもカンタンなんです。

残念なところ:フタから水が少し漏れる


こればかりは他の商品と変わらずだったのですが、使用後に水を切っても、本体の方に漏れてきます……。

ただ、ベタついたりしないのは他の商品と違ういい部分ですね。

バスルームに馴染む


しかし、使っている何よりも一番大きな理由はこれです。

リステリンは外国製品のため、どうしてもバスルームにおくと主張が強いんです。

本体自体の色も目立つし、大きく「お口のトラブルはこれ1本!6つの効果のリステリン」というシールが貼ってあって、これが簡単に剥がせない……。

でも、無印のマウスウォッシュは白1色。フォルムも曲線的で柔らかく、バスルームによく馴染み、スッキリさせてくれるんです。

500mlで税込790円とちょっとお高いのですが、ごちゃつきがちのバスルームが見違えるので、オススメですよ。

92
9
11

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking