林 美由紀

林 美由紀

261
70
4

キャンプといえばたき火、キャンプファイヤー。

でも、自分でゼロから木や枝に火をつけるのはハードルが高い、アウトドア初心者のわたし……。

そこから1歩前進するために強い味方を手に入れたいのですが、クックストーブが叶えてくれそうな予感です!

アウトドアでさまざまな調理が楽しめます

Image: Amazon.co.jp

「BioLite クックストーブ ティール」は、グリル料理や煮込み料理など、さまざまな調理が楽しめるストーブです。

燃料は乾いた小枝や葉っぱなどを利用するので、ガスなどの燃料や着火剤を持たなくてOK。

家族や友人と燃料を集めるのも、楽しいひとときかもしれません。

送風ファンでしっかり燃える

4段階の送風ファンがついているので、安定した火力調整が可能です。

煙が少なく、高火力からとろ火まで上手に火加減をして、料理を楽しむことができます。

すべてがそろっているとアウトドアの醍醐味が……なんて思ってしまうわがままな私には、燃料を自分で集めたり、少しだけ自分で手をかけられるところが、自然と親しむファーストステップによさそうです。

¥9,612

[Amazon]

あわせて読みたい:


261
70
4

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by

Ranking