63
39
3

¥1,728

まるで絵本の読み聞かせみたいな映画。

子どもと一緒にも、難しいことを考えずひとりでゆったりも、これからつくりこむ部屋のインテリアの参考にも。

北欧らしさが詰まったフィンランドの映画を、のんびり観る週末はどうでしょう?

児童文学の世界観が、そのまま映画に

オンネリとアンネリ

フィンランドで長く愛される、児童文学作家マリヤッタ・クレンニエミ原作の児童文学『オンネリとアンネリ』シリーズが映画化します。

スローで独特なテンポ感。シーンもセリフもしっかり伝わってくるので、子どももしっかり内容が理解できますよ

フィンランドのかわいいインテリアを、部屋の参考に

オンネリとアンネリ

主人公はオンネリとアンネリのふたりの女の子。

大のなかよしのふたりがずっと考えていた「ふたりだけの家がほしい」という夢が、ひょんなことからなんと叶ってしまいます。

ふたりの両親は忙しすぎて、ふたりがいなくても気がつかない……。

オンネリとアンネリ

バラの木夫人というおばあさんから譲り受けた水色のおうちには、ふたりにぴったりなファッションやインテリア、お菓子が魔法のようにつまっています。

こんな子ども部屋、小さなときほしかったな……とノスタルジー&ため息。

オンネリとアンネリ

魔法が使える陽気なおばさん姉妹や、気難しそうなお隣さんとの交流、そして巻き起こるちょっとドキドキの事件……。

フィンランドの暮らしが感じられて楽しい

オンネリとアンネリ

すてきなのは、フィンランドの生活が垣間見えること。

白夜で夜も外が明るかったり、湖に泳ぎに行ったり、親しいひとを呼んでガーデンパーティをしたり。

夏を思いきり楽しむ北欧らしさがあって、思わずフィンランドに旅行に出かけたくなりました

オンネリとアンネリ

本国フィンランドでは、3週連続1位に輝き、その後シリーズ化された3作品はのべ100万人を動員し、国民の5人に1人が観る大ヒットを記録した映画だそうです。

フィンランドのインテリアや食器が好きな人は、ただ映像を眺めているだけでも楽しいですよ。

『』は、2018年6月9日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次公開です。

¥1,728

こちらもおすすめ:


[]
63
39
3

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking