12
1
2

¥399

「100均グッズで美味しく炊飯できるわけがない!」

「電気代を考えるとパックご飯のほうがリーズナブル」

そんな先入観のある100均炊飯グッズ、試してみました!

思ってたよりイケるじゃない…

試したのは、日本製のダイソーオリジナル商品「ご飯一合炊き」。

結論から言うと、100均グッズでの炊飯、アリです!

知らずに食べたら違いが分からない…

もちろん、機能は数万円の炊飯器には到底かないません。

保温はできないし、火加減の調節もできない。

でも、味は普通にふっくらしていて、おいしい。

知らずにお茶碗に盛られて出されたら、違いがわからないかもしれません。

¥399

電子レンジで炊飯

炊飯のやり方はカンタン。米1合と水200mlを入れて、30分以上放置。

そこから、電子レンジ600Wで6分チン。

レンジから取り出したら、20分ほど蒸らしてから、軽くかき混ぜます。

そして、またフタをして10分蒸らす。

ハイ! これで出来上がりです。

容器には小さな工夫が

お米を研ぎ、水切りするときにお米がこぼれないよう、フタに水切り穴が開いています。

他にも、レンジの加熱時間が外蓋に印字されていたりと、細かい気遣いがされています。

残念なところ:水位線がない

上記のような細かい配慮がされているのに、200mlの水を入れるときの水位ラインだけなく、計量カップが必要でした。

¥399

コストはパックご飯の1/2以下

とはいえ、レンチン調理は電気代がかさみ、パックご飯のほうがリーズナブルなのでは?という疑問がありました。

そこで1合炊飯にかかるコストをザックリ計算してみると、圧勝です。

比較したのは「」3,213円

100均グッズで炊飯するためのお米は「」2,254円。

これに電気代、水道代をプラスして1食あたりを計算したところ、パックご飯は約161円。

対して、100均グッズでの炊飯は約71円パックご飯の半額以下でした。

お米と水を容器にセットしたものを冷蔵庫に入れておけば、帰宅後すぐにレンチンできます。

6分、10分、20分は着替えたり、シャワーを浴びたりしているとすぐに経過する時間。

生活スタイルの中にうまく取り入れると、待ち時間が気になりません。

1人暮らしに、主婦の1人ランチに、手軽でリーズナブルに炊飯できる100均炊飯器、オススメですよ。

¥399

こちらもおすすめ:


12
1
2

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking