22
12

若い頃は日焼け対策をまったくしてこなかった私。

ここ数年で、日焼け止めを塗らなければシミができる、肌が黒くなるという当たり前のことをリアルに感じるようになってきたので……

遅ればせながら、対策せねばと思っています。

家を出る前に日焼け止めを塗っても、時間が経つと汗で流れてしまったりするので、いつでもどこでも日焼け対策できるようにしておきたい!

持ち運びできるいろんなタイプの日焼け止めをご紹介

Image: Amazon.co.jp

通勤中やスポーツ中など、サッと塗れるスティックタイプです。

直塗りできるので手が汚れないし、移動中に塗るにも便利。こぼして服を汚すのも防げますよ。

SPF50+、PA++++でしっかり紫外線をブロックしてくれます。

つい塗り忘れる首元や手の甲にも塗りやすく、さらっとした使い心地みたいです。

¥724

敏感肌にもやさしいコレ

Image: Amazon.co.jp

敏感肌でも使えるSPF50+ PA++++ のUVフェイスパウダー。

白浮きしない透明タイプで、メイクの上から何度でも塗り直し可能です。しかもヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲンの美肌成分配合。

朝のメイクに使うファンデーションや外出時の化粧直しをコレにしたら、手間をかけずに日焼け対策ができそうです。

¥1,168

手軽なミストタイプも。

¥1,142

やはりクリームタイプがいい人にはコレ

Image: Amazon.co.jp

ドクターイエローのカバー付きUVクリームはSPF23、PA++で、塗るとひんやりします。

ランドセルや子ども用リュックにつければ、学校や遠足、外遊びでサッと塗ることができて便利。

大人だけでなく、子どももちゃんと日焼け対策してあげたいので、これはうれしいです。

¥648

オーガニックも気になる

Image: Amazon.co.jp

肌のことを意識したオーガニックタイプも。

紫外線対策の先進国オーストラリアのもので、肌にも環境にも優しい天然由来成分でつくられています。

SPF30+、PA++で、UVカット成分にはミネラル(酸化亜鉛)、天然UVカット効果を持つテオブロマグランジフロルムが配合されており、UV-A、UV-Bともしっかりブロック。

紫外線吸収剤、合成防腐剤、合成着色料、合成香料、石油由来成分、ナノ粒子不使用で、子どもも安心して使うことができます。

¥2,376

Image:

[Amazon]
[Amazon]


22
12

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking