318
67
6

アウトドアはキャンプ場から街へ。

最近、「チェアリング」というお酒の楽しみ方が盛り上がりを見せています。

「え、なにそれ?」って思うかもしれませんが、折りたたみのイスを持ち歩いて、どこでも酒場にしてしまおう!という楽しみ方。

ライターのパリッコさんとスズキナオさんというお2人が提唱されています。

Oferte-noi.info編集部でやってみたら…

まず、編集部のわたくし野田が広尾の公園でやってみます。

人様に迷惑をかけない」、「市井の人々に威圧感を与えない」のがチェアリングの大事なルール。

なので、池のすみっこで小さくイスを展開。

近くのスーパーで買ったギリシャビールを飲んでみると……

お、おぉ……これはなかなかどうして、良い感じなんじゃないですか?

ロケーションをハントするかのように、「ここいいな」と思える場所でサッとイスを広げる。

いつでも動ける、でも今だけここは自分の聖域。そこでお酒を飲むと、なんとも言えない開放感……。

今ぼくは休日を満喫してるぞ!」 そんな気持ちが湧き上がってくるようです……。

¥2,699

自然の多い公園で

次に編集部の緑川は、緑あふれる公園でチェアリングに挑戦。

イスを展開して一休みしていると……

小さいお子様が「そこの木のウロに木の実があるよ!」とやってきました。

こういう、小さなお客様とのコミュケーションもチェアリングの醍醐味。

座っていると気持ちがゆったり。それが雰囲気にも出て、なんだか話しかけやすくなるのかもしれません。

¥6,980

川沿いに出かけて

さて最後、編集部の鈴木は川沿いでのチェアリング。

「川のせせらぎを肴にして飲むビールは美味い」

おぉ、これぞ風流……。落ち着くチェアリングに、落ち着く川の音。これぞ最強の組み合わせ!

なんだか会話もいつもより深い話ができるようで、一緒にチェアリングする友人との絆も深まったようですね。

いいこと尽くしのチェアリング


「装備を増やしすぎてキャンプにならない」ようにするのもチェアリングのポイント。

なので、軽めのイスを選ぶのが大事。なにより持ち運びに疲れません。

今は3,000円もしない折りたたみイスも売っているので、おサイフも痛みません。

開放感も味わえて、深いコミュニケーションも楽しい。中々にいいこと尽くし。

「街を自分のものにする」考え方の盛り上がりに、チェアリングはさらに花を添えてくれそうです。

今週末にでも、友人や大切な人とのチェアリング、ぜひいかがでしょうか?

¥4,860

参考:[デイリーポータルZ]

¥1,620

あわせて読みたい:


318
67
6

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking