242
130
12
イケア最大のイベント! イケアのこれからや新商品について、スウェーデンからお届け

すっごい落ち着く……。

イケアの心臓部こと、スウェーデン・エルムフルトにあるイケア公式ホテル「イケアホテル」。

今回、イベントに際し、泊めていただきましたので、どうなっているのか写真と共にお届けします!

大きな窓に清潔感


まず部屋に入って最初に感じたのは、「明るい部屋だな」という印象。

窓は上下で2面採光。縦に大きく、部屋を爽やかに照らします。

ちなみにこの写真を撮ったのが、なんと夜の7時半。白夜なので、まだまだ明るいのです。

とはいえ、白1色だと部屋の印象がぼんやりしがち。

そこを、赤のイスがアクセントに。柔くなりすぎないよう、雰囲気を引き締めています。

ベッドがすんごいんです…


借りたお部屋は1部屋ですが、なんとベッドは4つ。

しかし、1つ1つはシングルで、カーテンで仕切る形。

どこかカプセルホテルを思い起こさせるため、「寝ごごちどうなの?」って思ったのですが……。

いや、これが最高なんですよね。

広さはないですが、深く沈み込む柔らかさ。

50センチほどのマットレスの上に、きちんと10センチくらいのマットレスカバーが敷いてあるからこその寝ごごちです。

ほとんどイケアのアイテム!


そして、この部屋のほとんどのアイテムはイケアのアイテム。

部屋の壁にも、さりげなくカタログが置かれています。

確かにベッドの寝ごごちも、店頭のベッドコーナーのモノと同じ心地よさ。

壁沿いに座れるベンチも、もちろんイケア製品ですよ。

トイレの一工夫にうなる

個人的にうなったのが、トイレ。

何の変哲もないように見えますが、よく見ると便座に謎の凸が2つ……。

触ってみると、「あ〜なるほどね〜」と思わず言ってしまいました。

さて、わかりましたか?

そう、この凸があるから、便座を開けやすいんですよね。

もちろん、便座はイケアのものではありませんが、これをチョイスするセンスたるや。

小さなところにも、使う人への配慮があるところに「さすがイケア」と言いたくなります。

一般の方も泊まれるので、スウェーデンにお越しの際は、泊まってみてはいががでしょう?

あわせて読みたい:

242
130
12

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking