138
53
イケア最大のイベント! イケアのこれからや新商品について、スウェーデンからお届け

ここはIKEA of Sweden。

デザイナーや企画、プロジェクトマネージャーたちが、毎年2000を超えるプロダクトを生み出す現場です。

なんと、普段はイケアの従業員でも入れないこの場所に、特別に入れていただきました。

しばらく見て歩くと、クリエイティビティを高める、ある3つの工夫に気づいたのです。

小さな会話で戯れる空間づくり

まず最初に気づいたのがコチラ。

この建物に入って最初に驚くのが、このカジュアルでオープンな空間。

ソファにクッション、本棚が並べられ、みな思い思いに仕事をしています。

そして何より、オープンだからこそ、雑談が多い。

「あの件、どう?」「家族は元気?」なんて談笑がところどころから聞こえてきます。

常に何百というプロダクトの開発が進むこのオフィス。

他のプロジェクトのアイディアを知ったり、親密度を高めたりすることで、アイディアの連鎖が生まれそうです。

集中できる空間づくり

それでいて、ちょっと集中したいときはブロック型の会議室を使ったり、

視線をさえぎるソファを使ったりすることができます。

さらに集中したい時は、「CREATIVE AREA」と呼ばれる空間へ。

中はこんな感じで、日本の会議室よりも狭いのが特徴。

でも、だからこそ心理的にも密にコミュニケーションが取れて、決め事がスムーズなのかもしれませんね。

疲れた時は一休み

創造的な仕事には、時に脳を休めることも重要なんて言いますよね。

そんな時、悩んでいたアイディアが整理されて、ピーンと閃いたり。

それが習慣になっているのがスウェーデンの「フィカ(FIKA)」という文化。

10時、15時くらいに、コーヒーを飲みながら甘い焼き菓子やケーキ、シナモンロール、オープンサンドをみんなで食べるのです。

そしてそれを支えるのが、このフィカ・コーナー。

みんながここでコーヒーやお菓子を手に取り、また会話とアイディアがミックスされるというワケです。

世界中から愛されるイケアのデザイン、その力を影で支えているのは、案外この空間づくりなのかもしれませんね。

あわせて読みたい:

138
53

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking