148
18
1

夏はグラスにこだわりたい。

やっぱり、涼しさを感じる大きなアイテムだと思うんです、グラスって。

麦茶やアイスコーヒー、夏の夜のモヒート……。

それらの夏らしさを、より高めてくれるグラスはないだろうか?

あなたの家にもあるあの素材で…

そんな時に見つけたのが、この奥原硝子製造所のグラス。

素材は、なんと窓ガラスです。

役目を終えた窓ガラスを再生しているから、地球に優しい。

加えて、窓ガラスゆえのライトラムネカラーが涼を感じさせてくれるんです。

麦茶ならこう

麦茶を入れれば、この通り。

氷がカランと鳴りながら、風鈴の「チリーン」なんて音まで聞こえてきそうです。

コーヒーならこう

アイスコーヒーはこんな感じ。

お盆に載せれば、休日に大切な人と味わいたくなりますね。

モヒートなら?

でも、やっぱり極め付けはモヒート。

ミントを入れた爽やかさと、グラスの色が相まって、これ以上ない「夏感」。

あぁ、縁側で飲みたくなりますね……。

サイズは2種類

女性が手に持つと、このくらいのサイズ感です。

小さいサイズは200mlまでで、泡盛や焼酎のロック、デザートなどに。

大きいサイズは350mlで、アイスコーヒーやカクテル、冷たいジュース、ビール、焼酎の水割りなどにオススメだそう。

沖縄で60年の手仕事

このグラスを作っている奥原硝子製造所は、実は沖縄で最も古い琉球ガラス工房。

1952年の創業以来、再生ガラスを用いた味わい深い民藝品を作り続けているそう。

そうか、どこか漂う夏らしさは沖縄からだったのかもしれない……。

雰囲気のあるグラスゆえに、夏らしさはもちろん、場を優しい空気にしてくれそうですね。

¥1,620

あわせて読みたい:


[職人.com]

148
18
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking