ヤトミブンジ

ヤトミブンジ

206
156
78

最近色々なところで耳にします。

「断捨離」とか、「モノは少ない方がいい」とか。

だけど、家を豊かにするためには、色々なものがあった方がいいじゃん……!

なんて思っていました。

そう、このモデルハウスを見るまでは……。

“ミニマルな暮らし”のモデルハウス

「蛍庵(ほたるあん)」は、”小さく豊かに暮らすこと“がコンセプトのモデルハウス。

なんと土地は16坪、延床は12.8坪しかありません。

ミニマルだからこそ、こだわれる

家は小さいけれど、スペースは最大限に活用。

例えば、土間はリビングにしてしまうし、

吹き抜けを作れば、リラックスした時間に開放感をプラス。

お風呂の浴槽からは星空も楽しめるようにして、1日の疲れを癒す。

むしろミニマルだからこそ、好きなものを大事にできるのかもしれません。

和を取り入れる

土間の横は畳の和室。ちゃぶ台を置いて、ここで麦茶を飲むなんてのも風流です。

2階も和室。木の梁が見えているのが、どこか落ち着く……。

禅の精神は、無駄なものをそぎ落とすこと。この家なら、リラックスも集中もできそうです。

……あ、あと掃除も簡単そう。

郊外で生きる

蛍庵は、京都の郊外に展示されています。

都会の喧騒を離れて、本当に大事なものだけに囲まれて、生きる。

ああ、これは憧れちゃうよ……。

ミニマルな暮らしは、いつの日か

たくさんのモノがあって、多くの好きなモノに囲まれる。

それはそれでいいんだけど、もっとミニマルになって、本当に大事なモノだけを大事にするのもいいかもしれない。

本当に必要なものだけを持ち、それらに強くこだわる。

豊かさとはそんなものなんじゃないか、と提案しています。

……でも、やっぱり新しいグッズは欲しいんだよなぁ……。

¥1,080

¥1,620

あわせて読みたい:



206
156
78

ヤトミブンジ

社会人1年目、フリーライター。床の間つきの和室に住む。

あわせて読みたい

powered by

Ranking