52
46
4
名前:野田翔
職業:編集者
住宅スペック:実家、東京23区

部屋の中で、力を注いでいる場所はどこですか?

おしゃれなデスク

「窓際に置いた仕事&趣味のデスクです。

イケアで買った収納豊富なデスクに、トーンの近い本棚をくっつけています。

編集者なので、仕事と趣味の境界があいまいで、仕事のアイデアを趣味アイテムから得ることも多いです。

例えば、シナリオ講座のテキストを、インタビュー記事に応用してみたりとか」

そこに力を注いでいるのはなぜですか?

おしゃれなデスク

会社がリモートワークOKなため、平日2〜3日は家で仕事をします。

だから、収納力が高く、気分転換になるモノも置けて、それでいて散らかった印象を与えないデスクがよかったんです。

このデスクは奥行きがあるので、例えば気分転換として窓際に出張先のスウェーデンで買ったビンを置いたりしてます」

おしゃれなデスク

「あとは、児童文学が好きなので、『赤毛のアン』や『ゲド戦記』シリーズの本を並べて、煮詰まったときに読み返してみたり」

その場所で、特に披露したいアイデアやアイテムは?

カキモリのノート

「このノートですね。

これは大切な人が、蔵前のでオーダーメイドしてくれたもので。

オレンジの表紙に、アクセントとしての朱色のヒモが、どこか子どもらしく陽気で元気が出るんです」

カキモリのノート

「書き味もいいし、透けないのも嬉しいですね。

編集者にとってノートは武器なので、これからも寄り添っていきたいアイテムです」

「ここは特別お気にいり」そんな、思いいれがある部屋の一角を、住人による投稿形式でご紹介。あなたも投稿してみませんか?

Photographed by 野田翔

合わせて読みたい:



52
46
4

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking