61
46
名前:野村恒司(のむらこうじ)
職業:建設業
住宅スペック:父母娘の3人家族、コーポラティブハウスを購入してリノベーション、地下1階・1階のメゾネット

部屋の中で、力を注いでいる場所はどこですか?

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

『天使のはしご』と命名した、地下1階の壁面です。

この家は、コーポラティブハウスを購入してリノベーションしましたが、基本デザインだけ僕がして、設計施工は同世代であるさまにお願いしました」

※コーポラティブハウスは、入居希望者が集まって組合をつくり、自分たちが事業主となって、土地取得や設計者の手配など“希望するマンション”を企画する新しい住宅のカタチ、なんですよ。

そこに力を注いでいるのはなぜですか?

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

「地下1階と1階が、うちの住居スペースです。

地下1階に水まわりやメインリビングがプランニングされているので、生活の大部分を担うスペースになります。

地下のために開口部が限られ、光が直接射し込みにくい空間なので、明るい印象に感じられるようにする必要があったんです」

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

「この壁は、ナナメ板貼りと塗装は、ワークショップ的にほんの少しだけ私たちもお手伝いしました。

施工者泣かせの壁』と言われていたので、実際にやってみて、とんでもなく難しいことが身体でわかりましたね……」

その場所で、特に披露したいアイデアやアイテムは?

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

「壁面むかって右側が東であることと合わせて、この壁面が行動の軸になるようにデザインしました。

東から朝日が射しこんで“薄明光線=いわゆる『天使のはしご』”になって、明るく感じるように……」

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

収納にも椅子にも机にもストックヤードにもなるロングベンチも、造りつけました。

利用方法が無数にあるロングベンチは、狙いどおり家族の中心となっていますね」

コーポラティブハウスを購入してリノベーションした素敵な家

「朝日が射し込むような『天使のはしご』壁が、家族の記憶のルーツになり、帰りたくなる家を目指しました

「ここは特別お気にいり」そんな、思いいれがある部屋の一角を、住人による投稿形式でご紹介。あなたも投稿してみませんか?

写真提供:野村恒司

合わせて読みたい:

61
46

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking