22
20
1

”夏休み”という言葉を聞くと、思い出す匂いってありませんか?

その匂いは人によってバラバラだと思いますが、私の場合は「蚊取り線香」の匂いですね。

最近は機械式のモノに頼りっぱなしだし、たまには部屋やアウトドアでも使うかな~、と思うんですが……。

蹴っ飛ばして灰を散乱させたり、あの見た目が部屋に馴染まなかったり……。

ニトリのレパートリー凄いな…

まったく別件でニトリを訪れていた際に見つけたのが、このスチール製の浅い円柱状の容器

一体何を入れるモノだ…?と思いながら商品名を見てみると、なるほど納得。

こういうアイテムを探していたんだよっ!

名前のまんま

このアイテムの名前は「蚊取り線香ホルダー」

その名の通り、中に蚊取り線香を収めておける容器だったんです!

フタを開けてみると、中心には蚊取り線香を保持しておける突起もありました。

ニッチにも思えるこんなアイテムもおさえているのか……。

¥1,280

ピッタリサイズが最高~!

早速使ってみることに。

買っておいた蚊取り線香をセットすると、サイズもイイ感じ

火をつけてみましたが、フタをしめても大丈夫かな……?

デザイン性高くない…?

フタには、レースのように細かい穴がいくつも空いています。

なので、そのままフタをしても煙がこもることはありません。

蚊取り線香もバッチリ隠れるし、火元に触っちゃうこともないので安全ですね。

¥1,280

直置きには抵抗が…

床に直置きするのに抵抗がある私は、別売りのというアイテムに吊っています。

下のスペースにマッチなども置けて便利ですよ~。

どこでも馴染むのが嬉しいな

この「蚊取り線香ホルダー」、シンプルながら、どこか北欧風にも感じられるデザイン

ボタニカルな雰囲気のお部屋にも合いそうですし、

シックなお部屋にもオススメです!

残念なところ:フタの裏側が…

良い買い物したな~とホクホクしながら眺めていたら、フタの裏側に煤が……

美しい見た目が気に入っているので、これ維持するには定期的なお掃除がいるのかも

アウトドアでも使えちゃうな~!

火のついた線香を本体とフタで隠せるため、アウトドアでも安心して使用できそう!

せっかく野外で過ごす夜を、蚊なんかに邪魔されたくないですよね……。

安全かつ見た目も気にせず蚊取り線香を炊けるなら、この夏はこの匂いに包まれていよ~っと。

¥1,280

あわせて読みたい:



22
20
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking