ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

36
22
1

ダメ! と言っても行動に移す子ども、親としては、危険があるものには敏感になりました

目に見える範囲はともかく、目に見えにくい部位を知らず知らずのうちに傷つけているかも……

そんな心配を払拭してくれるアイテムに出会いました。

子どもの耳の健康を守る

Onanoff(オナノフ)のロングセラー商品「BuddyPhones(バディホン)」は、子どものためにつくられたセーフリスニングヘッドフォンです。

「WAVE」「PLAY」の2モデルがあり、最大の特徴は4つのリスニングモード機能

使用する子どもの年齢や環境によって、最適なリスニングモードを選択できるようになっています。

今回は、BuddyPhonesの国内正規代理店であるe☆イヤホンさんご協力のもと、「WAVE」を使用してみました。

モードによって音質が変わる

ヘッドフォンのサイドにある音量ボタンを両方同時に押すと、幼児用(-75dB)、こども用(-85dB)、トラベル用(-94dB)、スタディー用(-94dB)とモードの切り替えができます。

使用中はモードに合わせて光の数が点滅するので、今はどのモードを使っているか一目で分かるように。

それぞれのモードで音質が異なり、例えばOnanoffの特許であるスタディモードは、中域の声がよく聞こえるようにチューニングされているので、スピーチや授業などを聞くときに理想的です。

両方の音量ボタンを押す、という子どもがいじりにくい切り替え方なので、勝手にモードを変えるのを防げるのは嬉しい工夫。

音量を大きくしようとしても「max volume」というアナウンスが流れ、音量を制御。

大きすぎる音で耳に負担をかける心配がありませんね。

水にぬれても安心のウォータープルーフ

子どもにわたすガジェット類で心配なのが、水濡れ。飲みものをこぼしても慌てなくても大丈夫です。

WAVEモデルのみIP67(国際電気標準会議(IEC))の定める保護等級にて、6等級の防塵性能と7等級の防水性能が。

両モデルとも付属ケーブルでの使用だけでなく、Bluetoothにも対応しているので、ワイヤレスでも使用できます

連続再生時間は、今回お借りしたWAVEモデルが約24時間、PLAYモデルが約14時間で対象年齢は3歳〜。

ヘッドフォンの使用は、耳を悪くしないか心配だったけれど、動画で遊んだり教育ゲームをしたり、音楽を聴いたり……楽しいことは存分にさせてあげたい!

そんな願いを安心して叶える子どものためのヘッドフォンですよ。

Image: Amazon.co.jp

ハチモチーフ以外にも、モンキーやユニコーン、ロボットがあります。

子どもが愛着を持って使えるお気に入りを見つけられそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

【国内正規品】Onanoff(オナノフ) BuddyPhones 子供の耳にやさしい音量制限構造 (ウェーブ,ビー) 749012

【国内正規品】Onanoff(オナノフ) BuddyPhones 子供の耳にやさしい音量制限構造 (ウェーブ,ビー) 749012

¥8,910 詳細はこちら

【国内正規品】Onanoff(オナノフ) BuddyPhones 子供の耳にやさしい音量制限構造 (プレイ,ピンク) 749227

【国内正規品】Onanoff(オナノフ) BuddyPhones 子供の耳にやさしい音量制限構造 (プレイ,ピンク) 749227

¥6,300 詳細はこちら

Onanoff(オナノフ) BuddyPhones[Amazon]
[e☆イヤホン]

ユキコニシムラ

ユキコニシムラ

西村優紀子。楽曲制作・執筆のモットーはシンプルなこと。「家」を軸にしたライフスタイルを大切にし、日々の暮らしを楽しんでいる。現在2歳と0歳の息子の育児に奮闘中。 編曲作品は株式会社ウィンズスコアから出版中。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking