田口 モトキ

田口 モトキ

155
139
1

自然の中で体を動かすアウトドアでは、衣服の汚れは避けられないもの。

日帰りなら、その日のうちに洗濯機へ放り込めるけど、泊まり込みのキャンプではそうもいかない……。

汚れや汗でまみれた衣類を、その場で洗濯できたらどれだけ気持ち良いだろうか……。

ただのバッグじゃないのか?

「Scrubba Washbag(スクラバ ウォッシュバッグ)」を使えば、その希望が叶うかもしれません。

¥6,454

折りたたまれた状態のコレを広げると、20Lほどのスタッフバッグのような形状に。

この中に、汚れた衣類をキレイに洗浄する工夫が詰まっているようです……!

イボイボ×真空パワー

使い方は少し変わっています。

このバッグの中に、汚れた衣類と少量の水、洗剤を入れてバッグの口から4~5回ほど巻いた後、バルブから空気を抜いて真空状態を作ります。

あとは、平らな場所でバッグの内側にあるシリコン製の突起に衣類こすりつけるように洗うだけ。

これを3分間行うだけで、なんと洗濯機を使うのと同じぐらいの洗浄力が発揮されるのだとか……。

アウトドアでこんな本格的な選択ができるなら、持っていく衣類がグッと減りそう

乾かすのはちょっと面倒かも

衣類を洗った後は、脱水の必要がありますね。

ここで洗った洗濯物は、速乾性のあるドライバスタオルに包んだ状態で絞ることで簡易的な脱水が可能なよう。

次の日に乾いた服や下着を着るには必要なことなので、少し面倒でもしっかり絞っておきましょう。

ポケットサイズに!

そんな洗浄力を持っていながら、付属の収納袋に収めればポケットサイズになってしまいます。

アウトドアでは、ただでさえパンパンになりがちなリュックを圧迫せずに持ち歩けるのは嬉しいところ。

出かけた先で真水を確保できれば、少量の洗剤とこのバッグだけで使えるので、長期の出張や海外旅行にも持っていきたいな。

¥6,454

あわせて読みたい:



田口 モトキ

Oferte-noi.info編集部所属。ニトリ暮らし / 田口基岐。

あわせて読みたい

powered by

Ranking