362
81
1
人気連載「みんなの部屋」vol.121。部屋づくりのアイディア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスします。

フリーのコピーライターである永井一二三さんは、渋谷と原宿での二拠点生活(?)を送っています。

昭和レトロな3畳一間アパートから自転車で移動して、メインの生活空間である原宿のシェアハウスにたどり着きました。

イマドキのシェアハウスに取材陣の期待は高まりましたが、それが、まさかこんなことになるなんて……。

名前:永井一二三さん
職業:コピーライター
場所:東京都渋谷区
面積:約12㎡
家賃:約10万円
築年数:築56年

お気に入りの場所

眠るのと仕事は個人ルームで

カオスな部屋

キッチンやリビングなどの充実した共有スペースをひと通り拝見して、

肝心の個人ルームに入ると……

カオスな部屋

トンネルの向こうは、不思議の街でした。」という、ジブリ映画の有名なキャッチコピーを思い出した僕。

玄関ドアを開けると、紙くず、なにかの空箱、名刺、封筒、本、カバン、衣類……そこいらじゅうにモノが散乱していて、足の踏み場もありません。

カオスな部屋

なかでも目立つのが、ビニール袋

「買いものをすると、どんどん増えちゃうんですよね。何かに使うんじゃないかと思うと、捨てられなくて」

カオスな部屋

「自分は趣向としてはミニマリストなんですけど、どうしても片付けられないし、捨てられないんです。

今回も、取材にあたって3日間掃除したんですけど、いつの間にか『こんなの買ってたな』『これ懐かしいな』って“思い出タイム”が訪れちゃって」

カオスな部屋

「3日間片付けたので、床が見えてきました」

ふと足元に目をやると、永井さんの会社員時代の名刺が。

いつか『情熱大陸』に出るときに、あった方がいいかなと思って」とのこと。

データ化すればモノは減らせるのでは? と聞いてみると、

カオスな部屋

「そう思って、こないだiPadを買ったんですよ!」

と散乱した床を一瞥してひと言、「もう、どこ行ったかわからないですけど」。

仕事がはかどるデスクまわり

カオスな部屋

「仕事で長時間座るし、自分はお尻が硬いので、イスの座り心地にはこだわっています

座ったときの目線に合わせて、ノートパソコンを専用の台に設置したりもして。

そうしないと首が疲れちゃうんですよね」

カオスな部屋

同じくデスク上に置かれた、もお気に入り。

この部屋に決めた理由

カオスな部屋

ここに決めた理由は、渋谷のアパート同様、好条件の立地と、生活をミニマル化するため

入居者用のレンタサイクルがあるので、新宿、恵比寿、六本木などは自転車で行けます。仕事的にも便利なんですよ」

カオスな部屋

シェアハウスなら、掃除などの管理は管理会社に任せることができます。

なにしろ掃除が苦手」という永井さんの言葉が切実な声だったのだと、ここにきてわかった取材陣。

残念なところ

カオスな部屋

正直、全部です(笑)

カオスをつくりあげた張本人も、さすがに望んで散らかしているわけではないようです。

お気に入りのアイテム

使う機会がないことを望む、からこそ

カオスな部屋

水さえも部屋の外で飲み、食べものだけは徹底して部屋から排除している努力の賜物で、これまで部屋にゴキブリが出たことはないといいます。

そんな永井さんが取り出したのが殺虫スプレー

「『これを使ったことがない』という現状が、お気に入りの理由です!」

ビニール袋の意外な使い途

PORTER

「ミニマリストたるもの、とにかく身軽でいたいので、重宝しています」

と取り出したのが、のメッシュバックパック

「これはブラックで、ネイビーも持ってます。明日、ホワイトも買います」との宣言に、ミニマリストだけど色違いでたくさん買うんだ……というツッコミはぐっと堪えました。

ZOZOTOWNの箱

ZOZOTOWNの箱は棚にピッタリなので、集めているそう

「ちなみに雨の日はどうするかというと、そのときこそビニール袋に入れるわけです」

意外にも繋がっていた伏線を華麗に回収した永井さん。

財布こそ、究極のミニマリズム

PORTERとBAMBOO SHOOTSのコラボミニウォレット

ミニマリストにとって、もっともミニマルな課題って財布だと思うんです。

先日買ったPORTERとBAMBOO SHOOTSのコラボミニウォレットを、これから愛用予定。

こういうのってカードを入れたら容量いっぱいのものが多いですが、これはカードも小銭もお札も入るんです」

暮らしのアイデア

シェアハウスあるあるへの対処法

カオスな部屋

のシューズは、まだ一度も履いていない

「部屋に冷蔵庫を置いてないので、共有スペースの冷蔵庫を使っていますが、誰かに食べられてしまうことも。

それで編み出したテクニックが、例えばペットボトルの飲みものなら、ラベルをはがす。なにかわからないものには手を出したくないですからね。

食材のパッケージには、わけのわからないカタカナや、『ワケあり』と書いておくのも有効です」

積ん読への対処法

カオスな部屋

部屋についている水栓は、一度も使っていない

「本は、ついつい買ってしまうもののひとつ。でも、ほとんど“積ん読”状態で……。

だから最近は、買ってすぐにメルカリに出品します。

売れると、発送までの期限ができるので、それを〆切として自分を追い込んで、読まざるを得なくするわけです」

これからの暮らし

カオスな部屋

最後に、どうしてミニマリストにこだわるのかを訊いてみました。

「シェアハウスに住みはじめたことが、大きなきっかけかもしれません。

風呂やトイレを含め、暮らしのさまざまが、必ずしも自分だけのものじゃなくてもいい。いろんなものをデータ化してしまえば、持ちものを少なくできますし」

カオスな部屋

「……まあ、現実は伴ってないですけど、理想としては(笑)」

渋谷と原宿の二拠点を、それぞれ明確に棲みわける永井さんは、レトロとモダンという両極を行き来しながら、自身のなかの理想と現実のはざまに揺れていました。

レトロな前編はこちらへ!

Photographed by

あわせて読みたい:

362
81
1

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking