89
73
121

長袖シャツやウールのパンツが着たくなってきた今日この頃。

そろそろ衣替えの時期ですね。

クローゼットに半年ねむっていた秋冬物を取り出すとき、どうしても気になるニオイや虫の問題

お仕事中の川田真梨子さん

今回はスタイリスト・川田真梨子さんのお宅を訪問し、日頃の洋服ケアの方法や、衣替えについてうかがいました。

仕事柄、洋服の扱いには細心の注意を払ってます

トイプードルの愛犬・モコ

フリーランスのスタイリストとして、主にメンズのスタイリングを手がける川田さん。

アパレルブランドから洋服を借りて撮影に使うだけに、洋服の取り扱いには並々ならぬ神経を遣うところです。

「アイロンで溶かさない」「ハンガー跡をつけない」といった、細かな心配りを教えてくれました。

ニオイに関しては「タバコのニオイにだけは気をつけています」とのこと。

「たとえばモデルが喫煙者の場合は、その都度洋服を脱いで吸ってもらいます。

きつい香水など、どうしてもニオイがついたら、風が通る場所にしばらく干したり、スタイリスト仲間では消臭剤を使う人も」

そのほか、ファンデーションがついたり、飲みものをこぼしたりといったトラブルがあれば、クリーニングに出すことも。

定期的にワードローブを見直すのが、“洋服の手入れ”のカギ

スッキリ片付いているクローゼット

仕事で洋服の展示会をまわることが多い川田さんだけに、プライベートで購入する洋服はワンシーズンだいたい30着ほどと、平均を大幅に上まわります。

にもかかわらず、2年前にご夫婦で引っ越してきた現在の部屋のクローゼットは、平均サイズ。

限られたスペースに、洋服をどうやって収納しているのでしょう?

「春夏物はうすくて収納しやすく、洗濯できるものが多いので、クローゼットにたくさん入るし、季節を過ぎてもしまいやすいです。

対して、秋冬物のニットやアウターは、かさばるし洗えない素材が多いんですよね。

しかも、秋冬の重い素材は、カビ対策で風通しをよくするために、スペースに余裕を持って、ハンガーにかけておきたいものも多い。

ただクローゼットのスペースは限られているので……クリーニングしたうえで長期間保管してくれるあずかりサービスを利用することがほとんどです」

「シーズンの変わり目には、持っている洋服をいったん全部クローゼットから出して、着る・着ないをジャッジします。

もう着ない洋服は、思いきって売ったり、人にあげたり。

そうやって定期的に見直すことで、洋服自体の管理がしやすくなるんです。そこに“衣替え”も兼ねているイメージ」

買いものの大きな決め手は「洗濯表示」にアリ

では日々のケアは? と聞けば「とにかく、洗えるものはこまめに洗う」とのこと。

洋服を買う段階から洗濯のことを意識していて。

商品についてる洗濯表示は必ずチェックしますし、展示会ではデザイナーに尋ねることも(笑)。

なるべく洗えるものしか購入したくないんですけど、春夏物はそれができても、ムートンやコーデュロイなど秋冬物の素材は、どうにもならないですね……」

水槽は旦那さまの趣味

「でもとにかく、虫に食われたくないんです!

衣替えでニットを出したら、虫に食われていた、なんてすごくガッカリしませんか?」と力強く語る川田さん。

「デリケート用洗剤で洗えるものは、洗ってしまうこともあります。デニムも洗いますし。

洗剤は、新しい製品が出たらとりあえずすべて試すんです。それで、タオルを洗うときはコレ、デリケートな洋服にはコレ、と使い分けています。

洗い方についても、ネットでいろいろと調べて……」

と、服をキレイに保管することへのこだわりが、ひときわ強いようです。

洗濯後の洋服は絶対に乾燥機にはかけず、白い服以外は日焼け防止のため部屋干しする徹底ぶりです。

洗える素材なら、とにかく都度洗うことが長持ちの秘訣なのだとか。

ただ、これからの季節に活躍する、すぐに洗えないアウター類やニットなどの秋冬物に関しては?

「たまにクリーニングを利用したり、汗やニオイがついたら、風通しのいい窓辺に干して、それからクローゼットに戻す、くらいですね……」とのことで、

川田さん自身も最適な答えを見つけられずにいる様子です。

使う場所によって、香りや洗剤を使いわけるのが吉

そこで、ホテル業界が認めるほどの消臭力が自慢の『』を試していただきました。

衣替えをして長期間収納している間に、特有の収納臭が染み付いた洋服や、すぐには洗濯できない素材。

「コレ、そんな洋服に役立ちますね。

忘年会などで、ニットやコートに居酒屋さんのタバコ臭がついてしまうと、取れにくくて本当にいやなんですけど……そういうときにシュッとするのに、いいですよね」

コレなら“収納臭をリセットできる”のも、川田さんの好みに合っています。

「柔軟剤のやさしくさりげない香りが好きだし、強力だったり、余計な香りはいらないと思っていて。普段からあまり、香水をつけることもないんです」

洗いにくい布物には、まず消臭・除菌スプレーを

また、部屋の掃除をするとき、洗いにくい布物には消臭・除菌スプレーをかけてから掃除機をかけるという、キレイ好きの川田さん。

そんな場面にも『』がぴったり。

生地面積の広いラグには香り付きの消臭剤を使用すると、部屋全体がいい香りになってオススメなのだとか。

「洗えないソファやラグには、芳香タイプのスプレーを使っています。

犬を飼っているので、除菌できるものがベストだけれど、あまりニオイが強すぎるものは使えなくて」

「ね?」とモコにきく川田さん

「『ノンスメル清水香』なら、除菌もできるし、ニオイがやわらかくてちょうどいいですね。

私は特にハーバルフレッシュの香りが気に入りました」

型崩れが気になって頻繁に洗えない帽子には、無香タイプをシュッ。

着るたびにクリーニングできるわけではない秋冬物。日々のケアは『ノンスメル清水香』を使い、季節の終わりにクリーニングに出す。

川田さんも実践されている、そんな自分ならではの“使い分け”が大切なのかもしれません。

「無香タイプは洋服に、芳香タイプはソファなどのインテリアに、と使い方も香りも、気分によって変えたいです」

衣替えは“絶対的に必要”ではない。でも…

さすが、靴もたくさん

「『カバンのなかが散らかっているひとは、心のなかもぐちゃぐちゃ』なんて言われるように、クローゼットが散らかっていると、なんだか落ち着きません。

ひとつひとつのアイテムをケアして、クローゼットをキレイに保っておくと、気持ちまでスッキリ

その方が、すてきな仕事も舞い込んでくる、と思っています」

「本当は私も整理整頓が苦手なので……

日々心掛けてやっているだけなんですよ(笑)」

ワードローブを定期的に見直して、キレイに整えるという視点で見ると、衣替えのメリットが見えてきそうです。

クローゼットも自分自身も、常にスッキリ整えていたいから。

『』があれば、それを手軽にサポートしてくれます。

sponsored by 白元アース株式会社

[白元アース]

Photographed by 、一部提供:川田真梨子さん

89
73
121

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by

Ranking