89
84
6

最近は涼しさが増して、アウトドアに出かけるのにぴったりの季節になってきましたね~!

でも、私は整理整頓が苦手なので、アウトドアに行く時のカバンの中がゴチャゴチャしがち……。

「あれどこだっけ、これどこだっけ?」なんて、カバンの中をガサゴソ探すことも多いんです……。

薄そうな生地だけど大丈夫?

そんな私でも、荷物をスッキリ収納できそうな「タープポーチ」というアイテムを発見しました!

紐やカラビナを取り付ける穴と、防水のファスナーがついたシンプルデザイン。

表面は樹脂コーティングされており、耐水性、耐久性に優れていますよ~。

頑丈な素材だから安心!

タープとは、もともと船の帆やテントなどに使われる頑丈な素材のこと。

そんな素材でできているので、内側のつくりもかなりしっかりしています!

サイズはS、M、Lの三種類あり、素材と見た目に心を奪われた私は、Sサイズを2つ購入しました~。

なにを入れようかな~

硬いモノを入れても破れることも無さそうなので、何を入れようか逆に悩みます。

片方は、デジカメを入れるカメラバック代わりに決定!おでかけに備えてサングラスや充電器、絆創膏も一緒に詰め込みます。

もう片方にはお弁当のサンドイッチとお菓子を入れて、半日ハイキングに行くことにしました!

¥1,080

リュックの中がシンプルに!

ということで、山登りにやって来ました!

カバンの中には、カメラやお弁当を入れたタープポーチが2つと、500ミリの飲み物だけですが、半日だけならこれだけで十分。

いつもゴチャゴチャするカバンが、こんなにスッキリしているのが信じられません。

お弁当も無事でした

外で並べてみるととっても可愛い。家に戻ったらしっかり名前も書いておこう!

サンドイッチを入れた方、中身は大丈夫かな……?

おお!かなり動き回ったのに、お弁当のサンドイッチも潰れていませんよ~。

すこし残念なところ:完全防水ではない

耐水性には優れていますが、完全防水ではないので気をつけてくださいね。

シャワーの水くらいだったら弾いてしまいますが、水につけたりすると浸水してしまいます。

内側からの水漏れには強いので、もう少し大きいサイズを買って、本格的なランチバックにしようかな。

子どもの遠足にピッタリ!

持ち手用の紐を結んで、名前も書いてみました。

丈夫だし名前も目立つので、子どもの遠足に持たせてあげるのも良いですね!

カラーバリエーションも豊富な「タープポーチ」は、Sサイズで1,080円(税込)とかなりリーズナブル。

みなさんもお気に入りのカラーやサイズを選んで、ガンガン使ってみてください!

¥1,080

あわせて読みたい:

89
84
6

この記事を気にいったらいいね!しよう

Oferte-noi.info(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by

Ranking